ドイツ 決勝Tへ「誇りに思う」

ゲッティ イメージズ
(左から)クラビーツとポイツ
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスの国別対抗戦デビスカップ by Rakuten ファイナルズ2021(スペイン/オーストリア/イタリア共同開催)は28日、グループFの試合が行われ、ドイツがオーストリアを2勝1敗で破って決勝トーナメント進出を果たした。

>>デビスカップの組み合わせ<<

>>【YouTube】新作ラケット3機種を茶圓プロが打ち比べインプレ、黒塗りデモ版ラケットの正体が明らかに!開発までの苦悩とは<<

第1試合、世界ランク54位のD・ケプファー(ドイツ)は同139位のJ・ロディオノフ(オーストリア)に1-6, 5-7のストレートで敗れ、オーストリアにリードを許す。しかし、第2試合で同51位のJ・シュトルフ(ドイツ)が同118位のD・ノヴァーク(オーストリア)を7-5, 6-4でのストレートで破って、ドイツは1-1に追いつく。

そして、ダブルスペアのK・クラビーツ(ドイツ)/ T・ポイツ(ドイツ)はドイツのデビスカップ準々決勝進出に大きく貢献した。前日のセルビア戦でN・ジョコビッチ(セルビア)/ N・カシッチ(セルビア)組を破った24時間後にはO・マラチ(オーストリア)/ F・オズワルド(オーストリア)組を6-3, 6-4で退け、再び勝利を収めた。

試合後には「誇りに思う。土曜日には世界で1番、そしてテニスの歴史上で最も偉大な選手の1人を相手にし、大きな勝利を挙げた。それが頭にある状態で対戦するのは簡単ではなかった」とドイツのキャプテンであるM・コールマン(ドイツ)が述べた。

グランドスラムのダブルスで2度優勝しているクラビーツがポイツとペアを組んで、ダブルスに出場するのは5試合目だったが、6-3, 6-4のストレートで勝利を決めた。

「世界の頂点に立っているかどうかは分からないが、僕たちは今とても幸せでそれは当然のことだ。僕たちは今、幸せになるべきだし、今夜を楽しむべきだ。そして、明日からはイギリスとの試合への準備に入る」とポイツは語った。

WOWOWテニスフェスティバル2021
12/12(日)午後4:00
日本の誇る国枝 慎吾・上地 結衣らがトークやエキシビションマッチなどを行なうスペシャルイベントを生中継!

WOWOWで無料放送&WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・錦織「またコイツに負けた」
・錦織、腰痛で今季終了を発表
・大坂 なおみ 日本人初の受賞

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2021年11月29日12時11分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)