錦織/マクラクラン組が8強

ゲッティ イメージズ
(左から)錦織圭とマクラクラン勉
画像提供:ゲッティ イメージズ

東京オリンピック(日本/東京、ハード)は26日、テニスの男子ダブルス2回戦が行われ、錦織圭/ マクラクラン勉組が第7シードのJ・マレー(イギリス)/ N・スクプスキ(イギリス)組を6-3, 6-4のストレートで破り、ベスト8進出を果たした。

>>錦織ら東京オリンピック対戦表<<

>>錦織vsギロン 1ポイント速報<<

この日、錦織/ マクラクラン組は第4ゲームでブレークに成功すると第1セットを先取。第2セットは第5ゲームで錦織のリターンエースなどが決まり、マレー/ スクプスキ組のサービスゲームを破る。その後もリードを守り、ストレート勝ちをおさめた。

準々決勝では、第1シードのM・メクティッチ(クロアチア)/ M・パビッチ(クロアチア)組とL・ムセッティ(イタリア)/ L・ソネゴ(イタリア)組の勝者と対戦する。

錦織は今大会のシングルス1回戦で第5シードのA・ルブレフ(ロシア)をストレートで下して初戦突破。2回戦では、世界ランク65位のM・ギロン(アメリカ)と顔を合わせる。




■関連ニュース

・錦織との不平等にジョコ不満
・錦織「またコイツに負けた」
・大坂 なおみ、失格ジョコに言及

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2021年7月26日16時15分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)