- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織との不平等にジョコ不満

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は11日、男子シングルス準々決勝が行われ、第12シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が第24シードの錦織圭を6-3, 3-6, 6-2, 6-2で破り、2015年以来3年ぶり8度目のベスト4進出を果たした。

>>ウィンブルドン対戦表<<

>>ナダルvsジョコ 1ポイント速報<<

この日、2011・2014・2015年のウィンブルドンを制している元世界ランク1位のジョコビッチは2時間35分で勝利。錦織に13連勝とリードを広げた。

試合中、ジョコビッチはラケットを投げて主審から警告を受けた。

しかし、錦織も同様のことをしたが、主審からの注意は受けなかった。

試合後の会見でジョコビッチは「自分の投げたラケットが芝に傷をつけたかと彼(主審)に聞いた。彼はあの行為が『コートに傷をつけたと思った』と言っていた。錦織も第4セットで同じことをしたけど、警告を受けなかった。それはフェアではないと思っている」と不満を示した。

「主審は『錦織が何をしたかを実際に見ていなかった』と主張していた。でも明らかに、主審は僕がしていることをいつも見ていた。それはフェアではないと思ったことだった。納得のいかないことが主審から下されることも時にはある。正しい場合もあるし、間違っている場合もあるだろう」

ジョコビッチは、準決勝で第2シードのR・ナダル(スペイン)と対戦する。ナダルは準々決勝で第5シードのJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)をフルセットで破っての勝ち上がり。


【錦織vsジョコビッチ 過去の対戦一覧】

<2018年>
ウィンブルドン準々決勝 N・ジョコビッチ 6-3, 3-6, 6-2, 6-2 錦織圭

BNLイタリア国際準々決勝 N・ジョコビッチ 2-6, 6-1, 6-3 錦織圭

ムチュア・マドリッド・オープン1回戦 N・ジョコビッチ 7-5, 6-4 錦織圭


<2017年>
ムチュア・マドリッド・オープン準々決勝 N・ジョコビッチ - 錦織圭 棄権


<2016年>
ATPツアー・ファイナル準決勝 N・ジョコビッチ 6-1, 6-1 錦織圭

ロジャーズ・カップ決勝 N・ジョコビッチ 6-3, 7-5 錦織圭

BNLイタリア国際準決勝 N・ジョコビッチ 2-6, 6-4, 7-6 (7-5) 錦織圭

ムチュア・マドリッド・オープン準決勝 N・ジョコビッチ 6-3, 7-6 (7-4) 錦織圭

マイアミ・オープン決勝 N・ジョコビッチ 6-3, 6-3 錦織圭

全豪オープン準々決勝 N・ジョコビッチ 6-3, 6-2, 6-4 錦織圭


<2015年>
ATPツアー・ファイナル予選 N・ジョコビッチ 6-1, 6-1 錦織圭

BNLイタリア国際準決勝 N・ジョコビッチ 6-3, 3-6, 6-1 錦織圭


<2014年>
ATPツアー・ファイナル準決勝 N・ジョコビッチ 6-1, 3-6, 6-0 錦織圭

パリ・マスターズ準決勝 N・ジョコビッチ 6-2, 6-3 錦織圭

全米オープン準決勝 錦織圭 6-4, 1-6, 7-6 (7-4), 6-3 N・ジョコビッチ

マイアミ・オープン準決勝 N・ジョコビッチ - 錦織圭 棄権


<2011年>
スイス・インドア準決勝 錦織圭 2-6, 7-6 (7-4), 6-0 N・ジョコビッチ


<2010年>
全仏オープン2回戦 N・ジョコビッチ 6-1, 6-4, 6-4 錦織圭

ウィンブルドンテニスをWOWOWにて連日生中継。
外出先でもオンデマンド配信で楽しめる!

【配信予定】
2018年7月2日(月)~7月15日(日)

■詳細・放送スケジュールはこちら>






■関連ニュース

・「パニック」錦織に敗れる
・ジョコビッチ あわや失格処分
・怒りジョコ 観客の咳や口笛

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年7月12日11時04分)

その他のニュース

10月24日

西岡良仁、快勝で予選決勝へ (20時36分)

シュワルツマン 快勝で決勝へ (18時31分)

サッカリの途中棄権で決勝へ (16時57分)

チチパスとディミが初戦で激突 (16時07分)

WJP 団体戦イベントが開催 (15時29分)

今年300位台から最終戦出場へ (12時59分)

コンタベイト 5度目の決勝へ (12時22分)

西岡良仁 世界160位と激突へ (11時16分)

チリッチ、ツアー20勝目に王手 (10時02分)

20歳シナー 今季4勝目に王手 (9時09分)

ルブレフ 2年連続の最終戦へ (8時16分)

10月23日

コロナからの復帰戦 4強ならず (16時42分)

バーティ 今季終了を発表 (14時53分)

シナー 今季6度目のツアー4強へ (13時52分)

ナダル 90歳のファンにメッセージ (11時59分)

サッカリ、ハレプ下し4強へ (11時13分)

完勝チリッチ 3度目Vへ照準 (10時33分)

フェデラーモデルの列車が運行へ (9時13分)

シュワルツマン 完勝で4強 (8時14分)

10月22日

8年ぶり大会で第1シード撃破 (21時19分)

16歳でITF大会2勝目 (20時33分)

プロ転向の望月 ヨネックスと契約 (19時04分)

ハレプに敗戦「文句なし」 (18時25分)

逆転負け「チャンスあった」 (17時58分)

ジョルジ 完勝で8強「満足」 (17時38分)

今週の「イチオシ」ラケット (17時25分)

メド「トップに居続ける」 (16時50分)

マレー撃破「尊敬できる存在」 (14時28分)

ルブレフ/ハチャノフ組 4強逃す (13時30分)

ハリス 8強「自信がすべて」 (13時02分)

マレー「スポーツは結果がすべて」 (12時28分)

YouTube 近畿大学テニス部に潜入 (12時07分)

サッカリ 最終戦出場決定 (11時49分)

ハレプ「厳しい戦い」制し8強 (10時34分)

カラツェフ 快勝で8強入り (8時44分)

マレー シュワルツマンに屈し敗退 (7時54分)

ルブレフに逆転勝ちで8強へ (7時20分)

10月21日

8強へ「簡単ではなかった」 (19時41分)

カラツェフ組、完敗で初戦敗退 (18時23分)

加藤未唯ペア 完敗で4強逃す (17時47分)

初戦突破「いいプレーできた」 (17時29分)

完勝で8強「うまくいった」 (16時51分)

アフリカへラケットを寄付 (15時54分)

1カ月ぶりツアーで初戦突破 (15時37分)

第1シードのスイトリナ撃破 (15時18分)

マクラクラン 連続で初戦敗退 (14時21分)

ムグルサ 2時間半超え激闘制す (14時00分)

望月慎太郎 プロ転向を表明 (13時31分)

錦織 次戦は11月パリMSと公表 (13時06分)

ハチャノフ 逆転勝ちで8強へ (12時31分)

2年連続で最終戦に出場へ (12時19分)

シナー 若手同胞対決を制す (9時29分)

死闘制したマレーを称賛 (8時44分)

元世界3位チリッチが8強入り (7時43分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!