- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

怒りジョコ 観客の咳や口笛

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は7日、男子シングルス3回戦が行われ、第12シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が第21シードのK・エドモンド(イギリス)を4-6, 6-3, 6-2, 6-4の逆転で破り、2年連続のベスト16進出を果たした。

>>錦織vsガルビス 1ポイント速報<<

>>錦織らウィンブルドン対戦表<<

2時間54分で勝利したジョコビッチは試合後の会見で「とてもいい気分。彼(エドモンド)はベースラインの右からも左からもクリーンにボールを打っていたし、サービスもよかった。とても緊迫した試合で、第4セットは接戦だった。第9ゲームで貴重なブレークができた。それが勝利につながった」と振り返った。

センターコートで行われたこの試合、地元のエドモンドを後押しする中、ジョコビッチはサービスを打つ際に観客からアウェーの洗礼を受けた。

「観客の反応は不要だった。何人かは僕がボールをついていた時、咳をしたり口笛を吹くようなことをしていた。テレビでは聞こえなかったりするもの。あれは不要だったと思う。そんな状況は予測できた。なぜなら、地元選手との対戦だったから」

これに対し、ジョコビッチは観客へ投げキスをするなどの仕草を見せた。

「自分の立場なら、きっと分かると思う。緊迫した中、1つのサービスやショットで流れが変わってしまう状況だった。明らかに感情が高ぶっていた。大切な場面だった。時には自分をポジティブやネガティブで表現することもある。もちろん、ラケットを投げたり叫んだりするのは好きではない。でも自分も他の人と同じ人間で、プレッシャーを感じる」

続けて、ジョコビッチは「カイル(エドモンド)はいい状態で、第1セットを取っていた。観客も彼が勝つのではと感じていた。何度もボールをつき、それでタイムバイオレーションを受けた。それには疑いもないし、受けるのも当然だった。それでも、ある観客から受けた扱いには納得がいかなかった」と自身の見解を述べた。

4回戦では、世界ランク40位のK・カチャノフと対戦する。カチャノフは3回戦で同52位のF・ティアフォー(アメリカ)に2セットダウンからの大逆転勝ちで16強入りしている。

ウィンブルドンテニスをWOWOWにて連日生中継。
外出先でもオンデマンド配信で楽しめる!

【配信予定】
2018年7月2日(月)〜7月15日(日)

■詳細・放送スケジュールはこちら>






■関連ニュース

・ジョコへ ユニクロ柳井氏感謝
・「パニック」錦織に敗れる
・錦織16強「芝人生でトップ」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年7月9日11時00分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!