「圭との戦いに準備していた」

ゲッティイメージズ
初戦突破を果たしたティーム
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのエルステ・バンク・オープン(オーストリア/ウィーン、室内ハード、ATP500)は27日、シングルス1回戦が行われ、第2シードのD・ティーム(オーストリア)がラッキールーザーで出場した世界ランク529位のV・サフコ(ウクライナ)を6-4, 7-5のストレートで破り、4年連続での初戦突破を果たした。

>>ジョコらエルステ・バンクOP対戦表<<

>>ラケットバッグの中を公開【田島 尚輝】インタビュー後編<<

昨年の同大会を制し、王者としてこの試合に臨んだティームだったが、3度のダブルフォルトを犯すなどファーストサービスが入ったときに68パーセントの確率でしかポイントを獲得できず、4度のブレークを許すなど苦戦。それでも、リターンゲームでは4度のブレークに成功し、1時間47分でストレート勝ちをおさめた。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはティームのコメントが掲載されている。ティームは本来1回戦で世界ランク37位の錦織圭と対戦する予定だったが、前日に錦織が右肩の負傷のため棄権したため、サフコと顔を合わせることとなっていた。

「試合は全く簡単なものではなかった。昨夜かなり遅くに圭と対戦しなくなり、ヴィタリー(サフコ)と対戦すると聞いたんだ。もちろん、ここ数日は圭との対戦に向けて練習して、準備していた。彼(錦織)とは何試合もやっているし、知っているからね。でも突然、予選2試合で良い試合をした選手とやることになってしまったんだ」

「ホームの観衆の前で自分をよく見せたかったし、適切なインテンシティ(プレー強度)を見つけたかった。高いインテンシティを出すのは簡単じゃないし、彼(ラフコ)は良いプレーをしていたからね。それでも、試合終盤に向けてかなり良いプレーができたことにとても満足している」

27歳のティームは8強入りをかけて、2回戦で世界ランク22位のC・ガリン(チリ)と対戦する。ガリンは1回戦で同19位のS・ワウリンカ(スイス)をフルセットで下しての勝ち上がり。

同日には第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)や世界ランク20位のG・ディミトロフ(ブルガリア)らが2回戦へ駒を進めた。

[PR]「男子テニスATPツアー500 ウィーン」
10月26日(月)~11月1日(日)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!

「男子テニスATPツアー マスターズ1000 パリ」
11月2日(月)~11月8日(日)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!


■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・ティーム全米Vで「楽になった」
・コーチ語る ティームの強さ
・ジョコ 引退発表は「驚いた」

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング

(2020年10月28日8時51分)
その他のニュース