- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織は悔しさにじませる「物足りない」、初の16強逃す<ウィンブルドン>

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は29日、男子シングルス3回戦が行われ、第12シードの錦織圭(日本)は第23シードのA・セッピ(イタリア)に6-3, 2-6, 7-6 (7-4), 1-6, 4-6の逆転で敗れ、2年連続で16強入りを逃すと同時に、今大会で松岡修造(日本)以来18年ぶりとなる日本人男子8強入りの壁を超える事が出来なかった。

1995年のウィンブルドンでベスト8進出を果たしている松岡修造は、準々決勝でP・サンプラス(アメリカ)に7-6 (7-5), 3-6, 4-6, 2-6の逆転で敗れている。

この試合、勝敗がかかる第5セットで、錦織は自身のサービスゲームでセッピに1ブレークを許してしまう。そして、最後はセッピの強烈なサーブに対しリターンをネットにかけ、3時間4分で3回戦敗退となった。第5セットで錦織は、1度もブレークチャンスを掴む事が出来なかった。

試合後、錦織は「チャンスはあったけど、最後は相手(セッピ)の方が1つ上だった。」と、悔しさをにじませたコメント。

「毎セット、試合の流れは変わった。第1セットはいいスタートを切れたけど、相手も徐々にプレースタイルを変えてきたり、積極的なプレーをしてきた。そこで自分はあまり中に入っていけなかった。」

試合途中に錦織はトレーナーを呼び、治療を受ける場面があった。体調面については「芝では低い姿勢でいるので、疲れもたまっていた。試合には影響しなかったと思います。」と、錦織。

今年のウィンブルドンで錦織は、1回戦で世界ランク110位のM・エブデン(オーストラリア)、2回戦で同84位のL・マイェール(アルゼンチン)にそれぞれストレートで勝利する好調なプレーを続けていた。

「毎試合いいプレーは出来ていたけど、今日はストロークの精度だったり、物足りないところがあった事が負けた原因だと思います。」

昨年、錦織はJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)にストレートで敗れていたため、2年連続の3回戦敗退となった。

「今年も3回戦まで来れたので、来年はこれ以上狙いたい。」と、錦織は語った。

世界ランク11位の錦織は、ウィンブルドンで2年連続3回戦敗退となったため、今大会での獲得ポイントは0となった。これにより、大会後に発表される世界ランキングでは世界トップ10入りとはならない事が確定した。

世界ランクトップ10入りについては「近づいてはいるけど、まだまだ先は長い。長い目で見たいと思います。」と、錦織。

また、3回戦で錦織がセッピに勝利していた場合、ウィンブルドンでデル=ポトロと2年連続の対戦となっていた。セッピは4回戦で、デル=ポトロとベスト8進出をかけて対戦する。

【錦織圭 ウィンブルドン戦歴】

<2013年>
・1回戦 勝利 M・エブデン 6-2, 6-4, 6-3
・2回戦 勝利 L・マイェール 7-6 (7-5), 6-4, 6-2
・3回戦 敗退 A・セッピ 6-3, 2-6, 7-6 (7-4), 1-6, 4-6

<2012年>
・1回戦 勝利 M・ククシュキン(カザフスタン) 7-5, 6-3, 6-4
・2回戦 勝利 F・セラ(フランス) 6-3, 7-5, 6-2
・3回戦 敗退 J・M・デル=ポトロ 3-6, 6-7 (3-7), 1-6

<2011年>
・1回戦 敗退 L・ヒューイット(オーストラリア) 1-6, 6-7 (4-7), 7-6 (9-7), 3-6

<2010年>
・1回戦 敗退 R・ナダル(スペイン) 2-6, 4-6, 4-6

<2008年>
・1回戦 敗退 M・ジケル(フランス) 6-4, 5-7, 途中棄権

《ウィンブルドン 男女対戦表》


■関連記事■

《錦織、松岡以来18年ぶり8強とトップ10入りは持越し<ウィンブルドン>》

《番狂わせについて錦織「自分には関係ない」<WOWOWインタビュー>》

《錦織、自己最高16強への壁は「弱点がない」世界28位<ウィンブルドン>》

《ナダルがプロ転向以来初の初戦敗退、2年連続の大波乱<ウィンブルドン>》

《大番狂わせ、ナダルに続きフェデラーも<ウィンブルドン>》

《フェデラーに打ち勝った力は何処へ、番狂わせ起こした世界116位姿消す<ウィンブルドン>》

《「苦しかった」添田がみせた世界9位との戦い<ウィンブルドン>》


■関連動画■

《錦織圭がフェデラーから大金星!ATP男子ツアーマガジン Vol.171》

《錦織がナダル、フェレールらと豪華ミニラリー!ATP男子ツアーマガジン Vol.169》

(2013年6月30日14時05分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

1月20日

ジョコ 900勝達成で初戦突破 (21時51分)

【1ポイント速報】ジョコvsシュトルフ (21時20分)

バーティ 序盤苦戦も初戦突破 (19時30分)

【告知】全豪OP 日本勢1回戦 (18時36分)

今大会で引退 快勝で初戦突破 (17時04分)

セリーナ 19度目の初戦突破 (16時25分)

15歳ガウフ 全豪OP初勝利 (15時42分)

西岡勝利「負けられない」 (15時42分)

大坂「前年V精神ではない」 (14時54分)

フェデラー 21年連続初戦突破 (13時55分)

西岡 全豪OP4年連続初戦突破 (12時02分)

【1ポイント速報】フェデラーvsジョンソン (12時00分)

大坂 全豪5年連続の初戦突破 (10時38分)

【1ポイント速報】大坂vsブズコバ (10時28分)

錦織 世界ランク18位へ後退 (8時03分)

大坂 初戦へ向け最終調整 (7時26分)

1月19日

キリオス「切り替え簡単じゃない」 (18時13分)

21歳アンベール 悲願の初V (14時45分)

バーティ 今季初Vで全豪に弾み (11時16分)

2週連続でV「素晴らしい」 (10時05分)

1月18日

西岡 初戦相手は「謎」 (21時14分)

フェデラー会見 2年ぶりV狙う (14時46分)

守屋宏紀 全豪OP本戦ならず (13時10分)

日比野菜緒 全豪OP本戦入り (12時45分)

大坂 初戦相手「知らない」 (12時33分)

大坂なおみ 新コーチに手応え (12時03分)

修造氏「大坂の力は世界一」 (11時13分)

今季負けなし、2週連続決勝へ (9時35分)

大坂 全豪OP会場で練習 (8時57分)

1月17日

バーティ 苦戦も決勝へ進出 (19時15分)

イズナー下し初の決勝「最高」 (17時51分)

ブライアン兄弟が練習試合 (16時17分)

19歳ヤストレンスカ 決勝へ (14時42分)

ジョコ、ナダルら 会場で練習 (14時09分)

「ストリングの未来予想図」 (12時56分)

マレー 治療長引く「無理しない」 (12時21分)

ナダル、ジョコら全豪OP組合せ (11時35分)

日比野 全豪OP予選決勝へ (11時10分)

守屋宏紀 全豪OP本戦へ王手 (10時20分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!