- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【速報】ナダルがプロ転向以来初の初戦敗退、2年連続の大波乱<ウィンブルドン>

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は24日、男子シングルス1回戦が行われ、第5シードで元王者のR・ナダル(スペイン)が世界ランク135位のS・ダルシス(ベルギー)に6-7 (4-7), 6-7 (8-10), 4-6のストレートで敗れる大波乱が起きた。これまでグランドスラムで12のタイトルを獲得しているナダルが四大大会で初戦敗退を喫すのは、2001年にプロ転向して以来初である。

これまでのウィンブルドンで、ナダルは2008・2010年に優勝を飾っており、今年は大会3度目の優勝と同時に、グランドスラム13度目のタイトル獲得を狙っていた。

ナダルは、昨年のウィンブルドン2回戦でも当時世界ランク100位だったL・ロソル(チェコ共和国)にフルセットで敗れる大波乱に見舞われており、2年連続の早期敗退となった。

膝の怪我により約7カ月間の戦線離脱を余儀なくされたナダルは、今年2月にVTRオープンで復帰を果たし、今季出場した9大会全てで決勝進出。そのうち7大会で優勝を飾るなど好調を維持しており、全仏オープンでは前人未到8度目の優勝と2度目の大会4連覇を達成していた。

しかし、今季10大会目となるウィンブルドンでキャリア初となるグランドスラムでの初戦敗退となってしまった。

全仏オープン優勝者が同年のウィンブルドンで初戦敗退するのは、1997年のG・クエルテン(ブラジル)以来の事となった。

大会前、エキシビション大会であるBNPパリバ・テニスクラシックに出場したナダルは、錦織圭(日本)をストレートで破っていた。

今大会でシード勢が順当に勝ち進んだ場合、ナダルは準々決勝で大会連覇を狙う第3シードのR・フェデラー(スイス)と対戦する可能性があった。

大金星をあげたダルシスは、ウィンブルドンと同じ会場で行われた昨年のロンドンオリンピック1回戦でT・ベルディフを破っていた。29歳のダルシスの自己最高世界ランクは、2008年5月に記録した44位である。また、これまでツアーで2度の優勝を飾っている。

勝利したダルシスは2回戦で、I・アンドレエフ(ロシア)をストレートで破ったL・クボット(ポーランド)と対戦する。

《ウィンブルドン 男女対戦表》


■関連記事■

《ナダル敗れる 7年ぶりの2回戦敗退◇ウィンブルドン》

《ナダル「とっても特別な勝利」、前人未到V8と2度目の4連覇達成<全仏オープン>》

《錦織に勝利のナダル「ここでプレー出来て嬉しいよ」<BNPパリバ・テニスクラシック>》

《錦織はマレーに敗れるも、ナダルとの再戦決まる<BNPパリバ・テニスクラシック>》

《錦織「やはりナダルは強かった」、そして「8への壁を早く破りたい」》

《【映像付】ナダルが錦織を称賛「トップ10入りはすぐに叶うだろう」<全仏オープン>》


■関連動画■

《ナダルとフェデラーが30回目の対決!ATP男子ツアーマガジン Vol.172》

《錦織がフェデラーから大金星!◇ATP男子ツアーマガジン Vol.171》

《錦織がナダルらと豪華ミニラリー!ATP男子ツアーマガジン Vol.169》
(2013年6月25日2時04分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!