- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

番狂わせについて錦織「自分には関係ない」<WOWOWインタビュー>

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)で27日にシングルス2回戦でL・マイェール(アルゼンチン)を7-6 (7-5), 6-4, 6-2のストレートで下し、2年連続の3回戦進出を決めた錦織圭(日本)が現地でWOWOWのインタビューに応じた。錦織は、3回戦で第23シードのA・セッピ(イタリア)とウィンブルドンで初のベスト16進出をかけて対戦する。


Q: 最初、ブレークが難しくてリターンが返らない状況が1セットぐらい続きました。その後、タイブレークぐらいから良く合うようになってきたようですが?

錦織: なかなかサーブがとれなかったですね。ファーストもセカンドも速いので、速いサーブになかなかついていけなかったですけど、しょうがないのもありますね。1セットぐらいは時間はかかりますし。

それで対応できたというのが、それはそれで入れるのも作戦のうちでしたので。なんとかリターンを返してラリー戦に持ち込めば、より自分が優位になれると思っていました。途中から本当に、リターンは良くなりました。


Q: その速いサーブに対して、試合中どういう対策をとられたのでしょうか?

錦織: 打てなければスライスで入れにいったり、セカンドは速いなりにも自分から攻めようと思っていました。相手のダブルフォルトも増えていたので、なるべく攻めた方がプレッシャーもかかるかなと思って、打っていきました。


Q: セカンドサーブは最後の方とか、本当に積極的に攻めていっていましたけど、それまでの1・2セットがあったから読めた、ということですか?

錦織: 読めるのもあると思いますし、特に芝では、あれだけサーブのいい選手だとある程度自分で読んで、はったりでも動いていかないといけないので。なのでそういうリターンでの読みというのはキーになると思います。


Q: リターンもそうですが、ストロークのテンポなども、見ていてだんだん芝に適応してきているように見えましたが?

錦織: ストローク戦で不安がなくなったというか、バック、フォア両方とも前に入って打っていくことができています。やはり芝であまり守っていても展開は難しくなる一方なので、自分から攻められているのが良いところかなと思います。


Q: 例えば第1セットのタイブレークで1ー3から5ポイント連取したり、第2・3セットの初めにブレークしたり、すごく要所を締めていた印象があります。やはりそういう勝負どころで自分のエンジンをあげていったりという感じなのですか?

錦織: 最近それが特にできるようになってきています。なかなか全ポイント全開で、というふうにはいけないので。やはりトップの選手は、それができるということが強いところだと思います。
大事なポイントというのを意識しながら、簡単に落とさないように取れるようにしていけたら、もっと強くなれると思います。


Q: セットの入りを大事にしていくというのは、どういう形でですか?

錦織: 単純なことですけど、足をいつも以上に動かしたり、重心を低くしたりです。自分の必要だと思うことを頭でしっかり考えて、言葉で言うのは簡単ですけど、前より一層集中してやるしかないですね。


Q: 芝の感覚はどうですか。

錦織: いいですね、やっぱりボールが飛ぶので。特に芝だとくい込まれるし、ボールも重いので、やはりボールが飛んだほうが楽かと思います。


Q: クレーの大変さに気付いたと言っておられましたけど、芝はどうですか。経験すればするほど感じる怖さとか、大変さとかありますか。

錦織: やはりフットワークが難しいです。今も良くはなってきていますけど、やはり速く動くというのが自分の強みなので。それがなかなか、すぐ切り返された時とか生きてこないので、そこの難しさはあります。ショットが早く決まるという面では、うしろからバンバン打てるので、それは自分には合ってるかなと思います。


Q: 3回戦という結果はまだまだ満足ではなく、もっと上を目指すものだと思いますが、4回戦に向けて自信というのはどうでしょうか?

錦織: 自信はついてはきていますけど、次は強いセッピで、芝でも結構結果が出ているので、要注意な選手ではあると思います。ここからシード選手に当たってくるので、より良いプレーをしないと結果も出てこないと思うので、また一層集中してやりたいと思います。


Q: セッピについてはどれくらい知っていますか?

錦織: ストロークが堅いというか、ミスがない選手。どちらかというとフラット系だと思うので、それが芝で強いところかなと思います。あまり弱点がないので、戦術を考えるというよりは、自分のプレーに集中した方が良いかなと思います。


Q: シード選手が負けたり棄権したり、こういう大会の流れというのはどう思いますか?

錦織: ちょっとびっくりするぐらいいろいろな選手が負けてますけど、あまり自分には関係ないです。トップの2、3選手はドローが変わってくると思いますけど、運良くか、運悪くか、自分のところはあまりアップセット(番狂わせ)がないので。大会としてはやはり、もったいないという気はしますけど、自分は自分でやりたいと思います。

《ウィンブルドン 男女対戦表》

詳しくは、WOWOW TENNIS ONLINE(wowow.co.jp/tennis)へ。
http://www.wowow.co.jp/sports/tennis/


◆◆◆ WOWOW番組情報 ◆◆◆

★ウィンブルドンテニス 大会第5日

6月28日(金)夜8:55〜深夜0:00[WOWOWライブ]※生中継 
・女子シングルス2回戦 「L・ロブソン(英国) vs M・ドゥケ=マリーノ」
・男子シングルス3回戦 「N・アルマグロ(スペイン) vs J・ヤノヴィッツ(ポーランド)

★ウィンブルドンテニス 大会第5日

6月28日(金)深夜0:00〜午前7:30[WOWOWライブ]※生中継 
・男子シングルス3回戦 「N・アルマグロ vs J・ヤノヴィッツ」
・男子シングルス3回戦 「T・ロブレド(スペイン) vs A・マレー(英国)

※試合の進行により、放送カードが変更となる場合がございます。
(2013年6月29日4時31分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

1月24日

YouTube 土居美咲 大量ゴキブリ事件とは (19時50分)

ジョコとの激闘再戦を期待 (16時19分)

集団暴行事件に怒りあらわ (15時33分)

薬物処分撤回の訴えを却下 (14時20分)

約10カ月ぶりの大会出場へ (11時55分)

フェデラー、ベンツのCMに登場 (10時26分)

コロナ陽性、約10年ぶりGS欠場 (9時18分)

1月23日

ハードコートでの最多勝を獲得 (16時03分)

西テニス協会 全豪OPに理解 (14時30分)

全豪「非常に残念」欠場に言及 (12時48分)

「前回○○したとき」に回答 (11時09分)

京都旅行を回想「懐かしい」 (9時07分)

マレー 全豪OP欠場へ「残念」 (7時37分)

1月22日

隔離で「良くないこと」語る (21時51分)

日比野 コロナ禍開催に「感謝」 (20時37分)

PTL プロテニスリーグ始動 (19時38分)

錦織ら 最大のライバル明かす (18時19分)

錦織のコーチ、日本キャプテンに (17時00分)

永久停止選手の控訴を棄却 (16時44分)

バーティも参戦発表「楽しみ」 (15時46分)

YouTube 土居美咲への質問募集 (13時19分)

3度目手術「誕生日に松葉杖」 (13時14分)

豪で隔離中、コロナに感染 (11時41分)

大坂 米企業のアンバサダーに (11時00分)

錦織ら ATP杯組み合わせ発表 (10時38分)

1月21日

YouTube 日比野菜緒バッグの中を全部公開 (20時14分)

元複女王 コロナ陽性「怖い」 (16時41分)

シンガポールで新大会開催へ (15時00分)

クレー大会が2年連続中止へ (14時31分)

ジョコビッチ専用カラーのブラックモデル「SPEED Black」発売 (13時30分)

いよいよNEW RADICALシリーズ発売 (13時29分)

「フェデラーがテニス」と回答 (12時33分)

添田豪 今季初CHで8強入り (12時32分)

ダニエル太郎 隔離現状を報告 (11時29分)

西岡、内山ら コートで練習再開 (9時30分)

ジョコ 全豪OPへ「感謝」 (9時04分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!