- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

番狂わせについて錦織「自分には関係ない」<WOWOWインタビュー>

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)で27日にシングルス2回戦でL・マイェール(アルゼンチン)を7-6 (7-5), 6-4, 6-2のストレートで下し、2年連続の3回戦進出を決めた錦織圭(日本)が現地でWOWOWのインタビューに応じた。錦織は、3回戦で第23シードのA・セッピ(イタリア)とウィンブルドンで初のベスト16進出をかけて対戦する。


Q: 最初、ブレークが難しくてリターンが返らない状況が1セットぐらい続きました。その後、タイブレークぐらいから良く合うようになってきたようですが?

錦織: なかなかサーブがとれなかったですね。ファーストもセカンドも速いので、速いサーブになかなかついていけなかったですけど、しょうがないのもありますね。1セットぐらいは時間はかかりますし。

それで対応できたというのが、それはそれで入れるのも作戦のうちでしたので。なんとかリターンを返してラリー戦に持ち込めば、より自分が優位になれると思っていました。途中から本当に、リターンは良くなりました。


Q: その速いサーブに対して、試合中どういう対策をとられたのでしょうか?

錦織: 打てなければスライスで入れにいったり、セカンドは速いなりにも自分から攻めようと思っていました。相手のダブルフォルトも増えていたので、なるべく攻めた方がプレッシャーもかかるかなと思って、打っていきました。


Q: セカンドサーブは最後の方とか、本当に積極的に攻めていっていましたけど、それまでの1・2セットがあったから読めた、ということですか?

錦織: 読めるのもあると思いますし、特に芝では、あれだけサーブのいい選手だとある程度自分で読んで、はったりでも動いていかないといけないので。なのでそういうリターンでの読みというのはキーになると思います。


Q: リターンもそうですが、ストロークのテンポなども、見ていてだんだん芝に適応してきているように見えましたが?

錦織: ストローク戦で不安がなくなったというか、バック、フォア両方とも前に入って打っていくことができています。やはり芝であまり守っていても展開は難しくなる一方なので、自分から攻められているのが良いところかなと思います。


Q: 例えば第1セットのタイブレークで1ー3から5ポイント連取したり、第2・3セットの初めにブレークしたり、すごく要所を締めていた印象があります。やはりそういう勝負どころで自分のエンジンをあげていったりという感じなのですか?

錦織: 最近それが特にできるようになってきています。なかなか全ポイント全開で、というふうにはいけないので。やはりトップの選手は、それができるということが強いところだと思います。
大事なポイントというのを意識しながら、簡単に落とさないように取れるようにしていけたら、もっと強くなれると思います。


Q: セットの入りを大事にしていくというのは、どういう形でですか?

錦織: 単純なことですけど、足をいつも以上に動かしたり、重心を低くしたりです。自分の必要だと思うことを頭でしっかり考えて、言葉で言うのは簡単ですけど、前より一層集中してやるしかないですね。


Q: 芝の感覚はどうですか。

錦織: いいですね、やっぱりボールが飛ぶので。特に芝だとくい込まれるし、ボールも重いので、やはりボールが飛んだほうが楽かと思います。


Q: クレーの大変さに気付いたと言っておられましたけど、芝はどうですか。経験すればするほど感じる怖さとか、大変さとかありますか。

錦織: やはりフットワークが難しいです。今も良くはなってきていますけど、やはり速く動くというのが自分の強みなので。それがなかなか、すぐ切り返された時とか生きてこないので、そこの難しさはあります。ショットが早く決まるという面では、うしろからバンバン打てるので、それは自分には合ってるかなと思います。


Q: 3回戦という結果はまだまだ満足ではなく、もっと上を目指すものだと思いますが、4回戦に向けて自信というのはどうでしょうか?

錦織: 自信はついてはきていますけど、次は強いセッピで、芝でも結構結果が出ているので、要注意な選手ではあると思います。ここからシード選手に当たってくるので、より良いプレーをしないと結果も出てこないと思うので、また一層集中してやりたいと思います。


Q: セッピについてはどれくらい知っていますか?

錦織: ストロークが堅いというか、ミスがない選手。どちらかというとフラット系だと思うので、それが芝で強いところかなと思います。あまり弱点がないので、戦術を考えるというよりは、自分のプレーに集中した方が良いかなと思います。


Q: シード選手が負けたり棄権したり、こういう大会の流れというのはどう思いますか?

錦織: ちょっとびっくりするぐらいいろいろな選手が負けてますけど、あまり自分には関係ないです。トップの2、3選手はドローが変わってくると思いますけど、運良くか、運悪くか、自分のところはあまりアップセット(番狂わせ)がないので。大会としてはやはり、もったいないという気はしますけど、自分は自分でやりたいと思います。

《ウィンブルドン 男女対戦表》

詳しくは、WOWOW TENNIS ONLINE(wowow.co.jp/tennis)へ。
http://www.wowow.co.jp/sports/tennis/


◆◆◆ WOWOW番組情報 ◆◆◆

★ウィンブルドンテニス 大会第5日

6月28日(金)夜8:55~深夜0:00[WOWOWライブ]※生中継 
・女子シングルス2回戦 「L・ロブソン(英国) vs M・ドゥケ=マリーノ」
・男子シングルス3回戦 「N・アルマグロ(スペイン) vs J・ヤノヴィッツ(ポーランド)

★ウィンブルドンテニス 大会第5日

6月28日(金)深夜0:00~午前7:30[WOWOWライブ]※生中継 
・男子シングルス3回戦 「N・アルマグロ vs J・ヤノヴィッツ」
・男子シングルス3回戦 「T・ロブレド(スペイン) vs A・マレー(英国)

※試合の進行により、放送カードが変更となる場合がございます。
(2013年6月29日4時31分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

6月15日

大東建託OP有明 、決勝カードが決定 (18時18分)

ダブルス新ルール 改善し試験導入は継続 (16時44分)

17歳新星にWC 芝ツアー初参戦 (15時53分)

31本エース 逆転勝ちで芝4強へ (14時03分)

デミノー、ラオニッチに快勝で4強 (12時56分)

大坂なおみ 次戦は17日開幕の独大会 (11時42分)

大坂撃破「本当に勝ちたかった」 (10時39分)

世界15位ルーネ、ジャパンOP出場へ (9時34分)

大坂なおみ 元世界4位に屈し4強ならず (2時59分)

6月14日

【1ポイント速報】大坂なおみvsアンドレースク (22時00分)

ナダル 7月クレーに19年ぶり出場 (17時31分)

ウィンブルドン賞金 10年で2倍に (16時24分)

フェデラー 特別上映会に出席 (14時09分)

世界400位が第1シード撃破の金星 (13時03分)

ベレッティーニ8強 シャポ撃破 (12時14分)

ラオニッチ 25本エースで8強 (11時26分)

ナダル ウィンブルドンを欠場 (10時17分)

6月13日

コレあの素材で出来てます テニスクラファン実施中 (18時55分)

錦織圭と大坂なおみ 五輪出場権獲得 (17時52分)

西岡良仁 2年ぶりトップ100陥落 (17時07分)

世界232位が元王者破る番狂わせ (15時58分)

ナダルとフェデラーに共通する価値観 (14時47分)

大坂と自身「似たようなキャリア」 (13時36分)

ナダルとアルカラス 五輪で複出場 (10時34分)

女王 ぶっつけ本番でウィンブルドンへ (9時09分)

大坂なおみ 芝のプレーに「自信」 (8時24分)

大坂なおみ 54分完勝で芝6年ぶり8強 (0時13分)

6月12日

【1ポイント速報】大坂なおみ リベマOP2回戦 (23時11分)

得意の芝で元世界6位が復帰 (16時18分)

元世界3位ラオニッチ 復帰戦の芝で快勝 (14時28分)

ズベレフ 疲労の蓄積で母国大会欠場 (12時39分)

柴原瑛菜 ラドゥカヌに屈し初戦敗退 (12時16分)

マレー 今季芝初戦で黒星 (11時37分)

島袋 ノリーにフルセットで敗れる (10時59分)

【動画】大坂なおみ撃破の瞬間!アンドレースクが熱戦制し4強 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!