- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

大番狂わせ、ナダルに続きフェデラーも<ウィンブルドン>

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は26日、男子シングルス2回戦が行われ、前年度チャンピオンで第3シードのR・フェデラー(スイス)S・スタコフスキ(ウクライナ)に7-6 (7-5), 6-7 (5-7), 5-7, 6-7 (5-7)で敗れる大番狂わせが起きた。フェデラーがグランドスラムでベスト8を前に敗れるのは2004年の全仏オープン以来で、その時は3回戦でG・クエルテン(ブラジル)に敗れた。

またフェデラーが3回戦を前に敗退するのは、グランドスラムでは全仏オープン初戦で敗れた2003年以来10年ぶり、ウィンブルドンでは初戦敗退した2002年以来11年ぶりの事となった。

この試合、フェデラーはサーブ&ボレーで果敢に攻めるスタコフスキに17本のサービスエースと72本のウィナーを決められ、3時間で2回戦敗退となった。最後はフェデラーのバックハンドがアウトした。

キャリア通算77度の優勝を誇るフェデラーは、これまでのウィンブルドンで2003年の初優勝から2007年の5連覇、さらに2009年と2012年の計7度の優勝を飾っており、今年は史上最多8度目の優勝を狙っていた。フェデラーは、グランドスラムで歴代最多17のタイトルを獲得している。

昨年のウィンブルドン決勝でフェデラーは、悲願の初優勝を目指していたA・マレー(英国)を破り大会史上最多記録に並ぶ7度目の優勝、さらに自らの持つグランドスラム最多記録を17に更新した。

今年のウィンブルドンはシード勢の早期敗退が続出しており、第5シードのR・ナダル(スペイン)は初戦で世界ランク135位のS・ダルシス(ベルギー)にストレートで敗れる大波乱に見舞われた。さらに、第6シードのJW・ツォンガ(フランス)は2回戦で試合途中に棄権申し入れ、第10シードのM・チリッチ(クロアチア)は2回戦を前に棄権を表明している。

順当に勝ち進んだ場合、フェデラーとナダルは準々決勝で対戦する可能性があったが、両者は3回戦を前に敗退したため、その対決は実現しなかった。

これまでのウィンブルドンでフェデラーとナダルは、2006・2007・2008年の決勝で対戦しており、2006・2007年はフェデラー、2008年はナダルが優勝を飾った。また、ナダルは2010年にもタイトルを獲得している。

一方、大金星を飾った27歳のスタコフスキは現在の世界ランクを116位とするも、2010年9月に自己最高ランクを31位を記録していた。これまでスタコフスキはツアー大会で4度の優勝を飾っている。

スタコフスキは3回戦で、元世界ランク8位のJ・メルツァー(オーストリア)と対戦する。

《ウィンブルドン 男女対戦表》


■関連記事■

《引退についてフェデラー「それは突然訪れる」》

《ナダルがプロ転向以来初の初戦敗退、2年連続の大波乱<ウィンブルドン>》

《誤解についてフェデラー「これ以上、話はしたくない」》

《「優勝の瞬間を味わいたい」フェデラーが完璧な1回戦<ウィンブルドン>》

《錦織「サービスが良かった」、トップ10入りは「位置を確立」<ウィンブルドン>》

《【映像付】落胆のフェデラー「圭は勝者に値する」<ムチュア・マドリッド・オープン男子>》


■関連動画■

《錦織がフェデラーから大金星!ATP男子ツアーマガジン Vol.171》

《フェデラーがスリル満点なイベントに参加!ATP男子ツアーマガジン Vol.169》
(2013年6月27日5時32分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!