- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

引退についてフェデラー「それは突然訪れる」

先週行われた男子テニスツアーのゲリー・ウェバー・オープンで今季初優勝を飾った世界ランク3位で31歳のR・フェデラー(スイス)が、来週から開幕するウィンブルドンでの大会連覇へ向けての意気込み、さらに引退への気持ちを語った。

ゲリー・ウェバー・オープン決勝戦でフェデラーは、2回戦で錦織圭(日本)を下して勝ち上がったM・ヨージニを6-7 (5-7), 6-3, 6-4の逆転で下し、約10ヶ月ぶりの優勝を飾った。

試合後、フェデラーは「今週の自分のプレーにはとても満足しているし、今後の試合に向けて興奮しているよ。」と、ウィンブルドンへ向けての思いを語った。

ツアー通算77度目の優勝を飾ったフェデラーは「今はとても自信があるし、体調も万全で新鮮な気持ちでいるんだ。シーズンのこの時期に、このように感じる事が出来るのは、とても大切な事。」

続けて「今季、ここまでの6ヶ月は大満足と言えるものではなかった。試合のスケジュールをちょっと変えたら、もっと早く今シーズンの初優勝が飾れたのかもしれないけど、それだけが目標ではないんだ。」と、過去7度の優勝を誇るウィンブルドン前に、最高の状態にいる事を実感していた。

決勝戦を振り返ったフェデラーは「第1セットを接戦の末に落としたけど、それでも第2セットも戦い続けたんだ。サーブが好調で、それ以降はサーブに助けられたよ。」と、試合を通して11本のサービスエースを記録するなど、勝因を分析していた。

そして「常に課題として練習を積まなければならない事があるけど、それはこれからウィンブルドンが始まるまでに考えて解決していくよ。」と、向上心も覗かせた。

フェデラーは2009年のウィンブルドン優勝で、P・サンプラス(アメリカ)の最多14度のグランドスラム優勝を塗り替える自身15度目の優勝を飾った。そのサンプラスは、14度目の優勝となった2002年の全米オープンでタイトル獲得後に引退した。その当時、サンプラスは31歳だった。

フェデラーは「まだ、こうしてテニスを楽しんでいるのに、何故楽しんでいられる途中でそれを止めなければならないんだ?引退は、まだまだ早いよ。テニス人生は、まだ続けていきたいんだ。きっとそれは突然訪れると思うけど、まだ世界でもトップクラスのレベルで戦えると感じているんだ。」と、引退について語った。

今年の全仏オープンでフェデラーは、準々決勝で地元JW・ツォンガ(フランス)にストレートで敗れてしまった。

「全仏オープン準々決勝での敗戦は、もちろんショックで落胆させられるものだった。でも、同時に次の大会を楽しみにもしていたのさ。芝のシーズンが大好きだからね。特に、今年はウィンブルドンで初優勝してから10年になる。その時もハーレとウィンブルドンと連続して優勝出来たんだ。今回のハーレでの優勝が良いサインであると嬉しいね。」とウィンブルドンへ向けて、現在の気持ちも加えた。

今季は序盤で腰の痛みに苦しむ時期もあったフェデラー。

「たくさんの優勝を目指してシーズンを始めた訳ではないし、腰の痛みを乗り越えたローマや全仏オープンでは満足したプレーが出来たんだ。準々決勝の敗戦まではね。今は、シーズンの後半戦にベストの状態がくると感じている。ウィンブルドンを直前に控えていて、その後は全米オープンへ向けての北米シーズンが始まるからね。」と、今後についても明かした。

フェデラーの経験・精神的な強さ・ショット選択への申し分の無い能力・早い展開の攻撃的なプレースタイルを考えると、今年のウィンブルドンもフェデラーが優勝候補の一角になるのだろう。ウィンブルドンが行われるオール・イングランド・クラブで、またフェデラーが歴史を塗り替える事になるのか注目が集まる。


■関連記事■

《誤解についてフェデラー「これ以上、話はしたくない」◇スイス・インドア》

《【映像付】落胆のフェデラー「圭は勝者に値する」<ムチュア・マドリッド・オープン男子>》

《今季無冠のフェデラー、大会4度目の大逆転ならず<全仏オープン>》

《31歳フェデラーがウィンブルドン連覇へ弾み、今季初タイトル<ゲリー・ウェバー・オープン>》

《追い込まれたフェデラー、2時間59分でキャリア900勝達成<全仏オープン>》

《フェデラーに快勝のツォンガ、初ベスト4へ「人生最高の勝利」<全仏オープン>》

《フェデラーが史上最多に並ぶ7度目V 王座返り咲き◇ウィンブルドン》


■関連動画■

《錦織がフェデラーから大金星!ATP男子ツアーマガジン Vol.171》

《フェデラーがスリル満点なイベントに参加!ATP男子ツアーマガジン Vol.169》

(翻訳・記事/弓削忠則)
(2013年6月19日10時46分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

9月23日

西岡良仁は第8シードに完敗 (18時22分)

錦織 最終戦ランク9位へ後退 (17時38分)

フェデラーら 勝利の喜び語る (14時46分)

ツォンガ 激闘制し4度目V (12時44分)

好調メドヴェデフ 今季3勝目 (12時14分)

大坂4位 23日付世界ランク (9時04分)

錦織 世界ランク8位、23日付 (8時37分)

フェデラーら欧州チームV3 (4時30分)

9月22日

ナダル 炎症でレーバー杯棄権 (19時26分)

大坂V「何か運命のよう」 (16時37分)

大坂 大阪の思い出は「肉まん」 (15時57分)

メドヴェデフ 熱戦制し決勝へ (15時27分)

大坂に完敗「素晴らしい」 (15時05分)

大坂なおみ「大阪Vは格別」 (14時04分)

大坂なおみ 東レPPO初優勝 (13時21分)

【1ポイント速報】大坂vsパブリュチェンコワ (12時02分)

フェデラーとナダルが勝利 (8時48分)

9月21日

フェデラー/ズベレフが勝利 (20時56分)

大坂「錦織が日本テニス牽引」 (19時02分)

土居/ 日比野組 決勝進出逃す (19時01分)

大坂「落ち着いて試合できた」 (17時19分)

大坂なおみ 3度目の決勝進出 (16時57分)

土居美咲 完敗で4強ならず (15時32分)

プイユ ツォンガとの同胞対決へ (15時08分)

【1ポイント速報】大坂vsメルテンス (14時20分)

【1ポイント速報】土居vsパブリュチェンコワ (14時09分)

大坂なおみ4強 天敵に初勝利 (13時58分)

【1ポイント速報】大坂vsプチンセワ (12時03分)

錦織 楽天OPなど欠場を発表 (7時45分)

9月20日

大坂 準々決勝は翌日へ順延 (20時12分)

イズナーらレーバー杯意気込み (17時42分)

快勝ツォンガ 4年ぶりの8強へ (16時57分)

ハチャノフ破り8強「幸せ」 (14時13分)

メドヴェデフ 快勝で8強入り (12時18分)

第1シードのゴファン 初戦敗退 (11時19分)

錦織 MLBカブス戦で始球式 (11時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!