- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

今季無冠のフェデラー、大会4度目の大逆転ならず<全仏オープン>

テニスのグランドスラムである全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー)は4日、男子シングルス準々決勝が行われ、第2シードのR・フェデラー(スイス)は第6シードのJW・ツォンガ(フランス)に5-7, 3-6, 3-6のストレートで敗れ、3年連続のベスト4進出とはならなかった。

両者は過去12度対戦し、9勝3敗とフェデラーが勝ち越していたが、今回の敗戦により4敗目を喫した。直近の対戦は今年の全豪オープン準々決勝で、その時はフェデラーがフルセットで勝利していた。

この試合、第1セットで先にブレークしたのはフェデラーだったが、その後ツォンガにブレークバックされる。そして、第12ゲームでこのセット2度目のブレークを許したフェデラーは、第1セットを落とす展開。

第2セット、ツォンガの威力あるショットに押されたフェデラーは第2ゲームでブレークされ、ゲームカウント0-3となる。以降、1度もブレークチャンスを握る事が出来なかったフェデラーは、セットカウント0-2と後がなくなる。

第3セット、勢いを失ったフェデラーは第1ゲームでいきなり自身のサービスゲームを落としてしまう。しかし、続く第2ゲームで落ち着いたラリー戦を展開したフェデラーが、最後フォアハンドのリターンエースを決めてブレークバックに成功、ゲームカウント1-1とする。

全仏オープンで31歳のフェデラーは、2セットダウンの状況から3度の大逆転勝利を収めていた。それは、2001年2回戦のS・サルグシアン(アルメニア)、2009年4回戦のT・ハース(ドイツ)、2012年準々決勝のJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)との対戦だった。

センターコートであるフィリップ・シャトリエの満員の観客は、地元ツォンガを応援すると同時に、フェデラーの大逆転を期待した。

だが、ツォンガの勢いは衰えず、フェデラーは第3セットだけで3度のブレークを許してしまい、1時間51分で準々決勝敗退に終わった。また、フェデラーの大会4度目の大逆転勝利とはならなかった。

フェデラーをストレートで破ったツォンガは、試合を通してファーストサーブが入った時のポイント獲得率を、フェデラーの58パーセントに対し、81パーセントとした。また凡ミスの数はツォンガが22、フェデラーは34だった。

フェデラーは4回戦で第15シードのG・シモン(フランス)に5セットマッチを強いられるも逆転で勝利し、キャリア通算900勝を達成していた。

2009年の全仏オープン決勝でフェデラーは、R・ソデルリング(スウェーデン)を破り大会初優勝を飾った。決勝で対戦したソデルリングは、全仏オープンで大会7度の優勝を誇るR・ナダル(スペイン)から唯一勝利した選手である。

今年のムチュア・マドリッド・オープン男子でフェデラーは、3回戦で錦織圭(日本)に敗れた。その後のBNLイタリア国際男子では、今年初の決勝進出を果たすもナダルに完敗を喫し、今季はタイトル獲得に未だ至っていない。

元世界ランク1位のフェデラーを破ったツォンガは、昨年の準々決勝でN・ジョコビッチ(セルビア)に4本のマッチポイントを握るも、逆転負けを喫していた。大会初の4強入りを決めたツォンガは、準決勝で第4シードのD・フェレール(スペイン)と対戦する。

《全仏オープン2013 男女対戦表》

《全仏オープン2012 男女対戦表》

《全仏オープン2011 男女対戦表》


■関連記事■

《10年連続4強フェデラー「スタートからタフな試合だった」◇全豪オープン男子》

《追い込まれたフェデラー、2時間59分でキャリア900勝達成<全仏オープン>》

《ナダルが錦織を称賛「トップ10入りはすぐに叶うだろう」<全仏オープン>》

《錦織「跳ね返された」、ナダルの誕生日に完敗<全仏オープン>》

《フェデラー、ナダル撃破について「ジョコビッチなら」<全仏オープン>》

《【映像付】落胆のフェデラー「圭は勝者に値する」<ムチュア・マドリッド・オープン男子>》

《誤解についてフェデラー「これ以上、話はしたくない」》


■関連動画■

《錦織圭がフェデラーから大金星!ATP男子ツアーマガジン Vol.171》

《フェデラーがスリル満点なイベントに参加、さらにずぶ濡れに!ATP男子ツアーマガジン Vol.169》

《フランスの期待を背負うツォンガを特集!ATP男子ツアーマガジン Vol.168》


■フェデラー使用モデル■

《ロジャー・フェデラー使用ラケット ウイルソン PRO STAFF(プロスタッフ)SIX.ONE 90》

《フェデラー着用のウエアやシューズ》

《フェデラー2013オフィシャルカレンダーを半額で発売中》

(2013年6月5日3時11分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

4月17日

ナダル 3ヵ月ぶり復帰戦で勝利 (6時50分)

【告知】大坂なおみ クレー初戦 (6時03分)

錦織圭ら全仏OP出場予定選手一覧 (0時55分)

大坂なおみら全仏OP出場予定選手 (0時42分)

4月16日

シュワルツマン 今季初白星挙げれず (22時05分)

西岡良仁 バルセロナOP初戦敗退 (21時33分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsムナル (20時00分)

ダニエル太郎 ストレート勝ちで2回戦へ (19時48分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsオコネル (19時25分)

驚異のバウンド 相手頭上超えるエース (19時23分)

ポール回し成功!相手呆然 (18時07分)

大坂のクレー&芝参戦「GS優勝目指す表れ」 (17時30分)

大きく腫れ上がった足首公開 (17時13分)

世界1位在位99週、歴代単独9位に (16時31分)

勝利目前で負傷、先月ジョコ撃破20歳 (16時04分)

「引退は退屈だった」復帰表明 (15時00分)

ドミニカ出身の23歳がツアー初白星「特別」 (14時31分)

島袋将、快勝で光州CH初戦突破 (12時33分)

【1ポイント速報】島袋将 CH1回戦 (11時02分)

負傷続くアルカラス「できる限りのことを」 (9時01分)

ナダル「最後の年として、1秒1秒を楽しみたい」 (7時32分)

4月15日

シャラポワ「記憶に残る試合は敗戦」 (18時58分)

チチパスVで世界6位以下が混戦に (18時01分)

37歳ガスケがツアー1000試合目へ (17時05分)

マッケンロー以来 34年ぶり快挙 (16時02分)

前週Vの内山靖崇 74上げ167位に (14時59分)

大坂なおみ 1つ上げ192位 (14時01分)

チチパス父「息子の力疑ったことない」 (10時46分)

準Vルード「追いかけ続ける」 (9時57分)

チチパスV「信じられない」トップ10復帰へ (8時39分)

ダニエル太郎 初戦は世界62位と対戦 (7時04分)

チチパス 2年ぶり3度目の優勝 (0時04分)

【動画】ナダル 復帰戦勝利の瞬間 (0時00分)

【動画】ポール回し成功!スーパープレーに拍手喝采 (0時00分)

【動画&画像】カゾーが負傷した実際のシーンとカゾーの腫れ上がった足首 (0時00分)

【1ポイント速報】ルードvsチチパス (0時00分)

4月14日

錦織圭 マドリッドOP欠場 (22時15分)

アルカラス 負傷で2週連続欠場 (20時49分)

ナダル「人生の一部を過ごした場所」 (19時48分)

内山 5年ぶりV「更に上を目指す」 (19時03分)

単敗退ズベレフ 5年ぶり複V王手 (18時03分)

誤審が影響「全く違う結果になった」 (16時28分)

【初中~中級】男子ダブルス大会開催 (15時44分)

幻の焼き芋 貰える!混合ダブルス大会開催 (15時25分)

内山靖崇 4年半ぶり6度目の優勝 (14時55分)

【1ポイント速報】内山靖崇 2年7ヵ月ぶり決勝戦 (12時34分)

ジョコ撃破 6度目の対戦で初 (12時10分)

シナー敗退、重要場面で誤審の不運 (10時43分)

大坂なおみ 2年ぶりクレー 相手決定 (9時11分)

ジョコ 準決勝で敗退「がっかり」 (7時18分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!