- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラー、ナダル撃破について「ジョコビッチなら」<全仏オープン>

先週行われた男子テニスツアーのマスターズ大会であるBNLイタリア国際男子決勝戦で、R・ナダル(スペイン)に完敗を喫したR・フェデラー(スイス)が、クレーでのナダルの強さと、5月26日から開幕する全仏オープンでナダルが優勝候補筆頭だと感じていると語った。

先週日曜日に行われた決勝戦では、ナダルに1時間9分で敗れたフェデラーは「攻撃的なプレーが出来なかった。そして、彼(ナダル)にコートの外へと追いやられてしまったんだ。彼はどんなサーブを打っても、素晴らしいリターンを返してきたんだ。」と、自分のテニスが出来なかった事を話した。

さらに「そうなると、試合はとても難しくなってしまう。彼はコートの隅から隅までカバーしていたし、正確なサーブを打ってもベースラインから彼の持ち味のラリー戦へと持ち込まれてしまった。そうなると、彼の得意のスタイルになってしまい、ラリーでチャンスを作られてしまう。そのチャンスを活かし切れないようにするために、更に良いプレーが必要だったんだ。でも、形勢を逆転してポイントを取るのは、とても困難だった。」と、フェデラー。

そして、レポーターからサービスのスピードが普段のフェデラーのサービスより落ちていて、平均でファーストサーブが174キロ、セカンドサーブで160キロだったと聞かれたフェデラーは、その事について語った。

「そもそも自分は、J・ヤノヴィッツ(ポーランド)のように225キロのサービスを打つ選手ではないんだ。サービスを武器にポイントを取ってはいない。サービスのスピードが常に勝敗を分けているわけではないさ。スピードが普段より遅かったかは、ラファに聞いたらわかるよ。」と、勝敗にサービスが関係してはいないと明言した。

そしてクレーで行われる全仏オープンで、ナダルを苦しめるのは至難の業だともフェデラーは感じていた。

「パリでナダルを倒すのは、本当に難しい。先月のモンテカルロ・マスターズでN・ジョコビッチ(セルビア)が彼から勝利を飾ったから、ジョコビッチなら倒し方がわかるかもしれない。でも、パリではナダルを倒したのは、これまでR・ソデルリング(スウェーデン)しかいないけど、彼は今年の全仏にはいないからね。」と、フェデラー。

加えて「でも、パリでの優勝には7試合に勝たなければならない。そして、ラファとの対戦には正しいゲームプランが必要なんだ。今、彼は本当に良いプレーを続けている。その事は自分も嬉しく思っている。彼は想像以上に安定していて、既に良いテニスをしているにも関わらず、更にプレーが向上しているんだ。」と、コメント。

先週のBNLイタリア国際男子決勝戦で、フェデラーとナダルの対戦成績は20勝10敗とナダルが勝ち越している。

今年に入り初の決勝進出だったフェデラーだが、今季初優勝とはならなかった。フェデラーは2001年から、毎年必ずツアー優勝を飾っているが、最後にタイトルを獲得したのは昨年8月のアメリカはW&Sマスターズで、それ以来優勝から遠ざかっている。

また、ムチュア・マドリッド・オープン男子で、フェデラーは錦織圭(日本)に敗れ、3回戦で姿を消していた。


■関連記事■

《ナダルがフェデラーに完勝、通算56度目のタイトル獲得<BNLイタリア国際男子>》

《全仏でナダルに唯一勝利したソデルリング、病を克服できるか》

《王者ジョコビッチが初の栄冠、ナダルは9連覇の夢絶たれる◇モンテカルロ・マスターズ》

《フェデラー撃破のナダル「この優勝を味わいたいね」<BNLイタリア国際男子>》

《誤解についてフェデラー「これ以上、話はしたくない」》

《フェデラー破った錦織「最高の勝利の1つ」<ムチュア・マドリッド・オープン男子>》

《錦織はノーシードからチャンスつかめず<BNLイタリア国際男子>》

《マレーは全仏欠場でウィンブルドンに照準か、母は「ウィンブルドンが第一」》

《【映像付】落胆のフェデラー「圭は勝者に値する」<ムチュア・マドリッド・オープン男子>》


■関連動画■

《フェデラーがスリル満点なイベントに参加!ATP男子ツアーマガジン Vol.169》

《ナダル9連覇達成か、王者ジョコビッチか!ATP男子ツアーマガジン Vol.168》

《ナダルが全仏優勝への想いを語る!ATP男子ツアーマガジン Vol.167》

(翻訳・記事/弓削忠則)

(2013年5月22日10時37分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

10月21日

ティーム 初戦ツォンガと激突 (14時32分)

バイン氏 今季で関係解消へ (13時10分)

大坂3位 21日付の世界ランク (11時22分)

錦織 世界ランク8位へ浮上 (9時31分)

マレー復活「最大の勝利」 (8時40分)

20歳シャポバロフ 悲願の初V (7時30分)

元王者マレー復帰後ツアー初V (1時49分)

【1ポイント速報】マレーvsワウリンカ (1時41分)

10月20日

内山靖崇 寧波チャレンジャーV (17時56分)

杉田祐一 敗退も4強に手応え (17時39分)

10代ペアが今季2勝目 (14時52分)

ワウリンカ「自信ついた」 (14時52分)

杉田を撃破「大変だった」 (11時47分)

マレー ワウリンカとの決勝へ (11時42分)

WTA最終戦 最後の1人確定 (11時39分)

ルブレフ「とてつもなく幸せ」 (11時34分)

マレー決勝へ 復帰後初V王手 (2時37分)

杉田祐一 決勝進出ならず (2時01分)

【1ポイント速報】杉田vsシャポバロフ (1時58分)

10月19日

内山 決勝進出でTOP100確定 (20時34分)

4度目の4強 ハチャノフ撃破 (17時00分)

「残念」プイユが今季終了へ (13時57分)

昨年Vゲルゲス 逆転で4強 (13時55分)

杉田祐一4強「感動的な試合」 (11時50分)

チリッチ 熱戦制し4強へ進出 (11時36分)

ワウリンカ4強 シモン撃破 (11時33分)

マレー 復帰後初の4強進出 (9時38分)

杉田祐一 死闘制し4強入り (7時40分)

10月18日

西岡良仁、今季初の4強ならず (22時26分)

【1ポイント速報】西岡vsクライノビッチ (20時56分)

大坂のイベントが開催決定 (19時50分)

第1シードスイトリナ 初戦敗退 (18時17分)

チリッチ 通算500勝達成 (17時23分)

マレー8強「気分良い」 (14時28分)

杉田祐一8強「戻ってきた」 (11時35分)

シード勢の敗退が相次ぐ (8時02分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!