- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織「サービスが良かった」、トップ10入りは「位置を確立」<ウィンブルドン>

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は25日、男子シングルス1回戦が行われ、第12シードの錦織圭(日本)が世界ランク110位のM・エブデン(オーストラリア)6-2, 6-4, 6-3のストレートで下し、昨年に続き2年連続となる2回戦進出を決めた。今年のウィンブルドンで錦織が上位進出を果たした場合、世界トップ10入りが見えてくるため大きな期待がかかる。

また世界ランク11位の錦織は、松岡修造(日本)以来18年ぶりの日本人男子8強入りを狙う。1995年のウィンブルドンで松岡修造は、準々決勝でP・サンプラス(アメリカ)に7-6 (7-5), 3-6, 4-6, 2-6で敗れている。

1回戦を終えた錦織は「ホッとしています。芝での感覚があまり良くなかったけど、今日は良かった。彼(エブデン)は強い相手で、1試合目という事もあり緊張していた。」と、コメント。

ウィンブルドンに向けて、錦織は大会前に行われたBNPパリバ・テニスクラシックで世界ランク2位のA・マレー(英国)と同5位のR・ナダル(スペイン)と対戦し、調整を行っていた。

自身のプレーについては「今日はサービスが良かったので、ストロークのリズムも作りやすかった。それがキーになりました。」と、錦織。

錦織は6本のダブルフォルトを犯したエブデンの隙をつき、11度のブレークチャンスから6度のブレークに成功し、1時間41分で勝利した。トータルポイント数は錦織の99に対し、エブデンは76だった。

勝利した錦織は、2回戦でL・マイェール(アルゼンチン)と対戦する。世界ランク84位のマイェールは、1回戦でA・ベデネ(スロベニア)を6-2, 6-3, 6-4のストレートで下し、2回戦へ駒を進めている。

マイェールについて、錦織は「彼(マイェール)はサーブがとても良い。」と、警戒した。

前日、世界ランキングで錦織の1つ上にいる第11シードのS・ワウリンカ(スイス)が敗れたため、世界トップ10入りが近づいたのでは、と聞かれた錦織は「全く考えてないですね。トップ10に入る事も大事ですけど、そこの位置を確立する事が第1の目標。なので、トップ10に入るよりも、そこにずっといる事が目標です。」と、話した。

シード勢が順当に勝ち進んだ場合、錦織は3回戦で第23シードのA・セッピ(イタリア)、4回戦で第8シードのJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)、準々決勝で第4シードのD・フェレール(スペイン)と対戦する可能性がある。

その他の日本勢では、予選3試合を勝ち抜いた添田豪(日本)が1回戦でA・ハイデル=マウアー(オーストリア)と対戦する。また、伊藤竜馬(日本)守屋宏紀(日本)は予選2回戦敗退、予選第18シードで出場した杉田祐一(日本)は予選1回戦で敗れ、本戦出場とはならなかった。

【錦織圭 ウィンブルドン戦歴】

<2012年>
・1回戦 勝利 M・ククシュキン(カザフスタン) 7-5, 6-3, 6-4
・2回戦 勝利 F・セラ(フランス) 6-3, 7-5, 6-2
・3回戦 敗退 J・M・デル=ポトロ 3-6, 6-7 (3-7), 1-6

<2011年>
・1回戦 敗退 L・ヒューイット(オーストラリア) 1-6, 6-7 (4-7), 7-6 (9-7), 3-6

<2010年>
・1回戦 敗退 R・ナダル 2-6, 4-6, 4-6

<2008年>
・1回戦 敗退 M・ジケル(フランス) 6-4, 5-7, 途中棄権

《ウィンブルドン 男女対戦表》


■関連記事■

《ナダルがプロ転向以来初の初戦敗退、2年連続の大波乱<ウィンブルドン>》

《トップ10目指す錦織「目標はベスト4」<ウィンブルドン>》

《錦織が最終調整「結果を残したい」、松岡修造以来の8強期待<ウィンブルドン>》

《錦織に勝利のナダル「ここでプレー出来て嬉しいよ」<BNPパリバ・テニスクラシック>》

《錦織はマレーに敗れるも、ナダルとの再戦決まる<BNPパリバ・テニスクラシック>》

《錦織「やはりナダルは強かった」、そして「8への壁を早く破りたい」》

《【映像付】ナダルが錦織を称賛「トップ10入りはすぐに叶うだろう」<全仏オープン>》


■関連動画■

《錦織圭がフェデラーから大金星!ATP男子ツアーマガジン Vol.171》

《錦織がナダル、フェレールらと豪華ミニラリー!ATP男子ツアーマガジン Vol.169》
(2013年6月26日5時22分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

2月24日

錦織 世界ランク31位へ後退 (10時19分)

西岡良仁 自己最高48位へ (10時03分)

西岡 デルレイビーチVならず (7時48分)

【1ポイント速報】西岡vsオペルカ (7時45分)

2月23日

内山が杉田破りドバイ本戦へ (20時06分)

望月慎太郎 初のCHで複準V (16時45分)

ジョコがチリッチと複で登場 (16時39分)

2週連続の決勝進出 初Vに王手 (14時36分)

ジョコらドバイ組み合わせ発表 (13時19分)

死闘制し20勝目「気分いい」 (13時14分)

西岡良仁「雨に助けられた」 (11時43分)

ナダル、ズべレフらが登場 (11時41分)

ティーム破る金星「感動的」 (10時48分)

西岡 デルレイビーチOP決勝へ (8時41分)

波乱 ティーム128位に敗れる (6時24分)

2月22日

ティーム、リード許し順延 (18時58分)

西岡良仁 世界ランク最高位へ (12時05分)

右ひざ手術「昨年に負傷」 (10時57分)

20歳リバキナ 2週連続決勝へ (10時14分)

メドヴェデフ完敗 4強ならず (9時53分)

西岡良仁 今季初の4強進出 (7時23分)

2月21日

工藤阿須加が語る テニスの展望 (18時31分)

錦織以来の日本人4強狙う (18時15分)

チリッチ下し約1カ月半ぶり勝利 (17時41分)

綿貫陽介 第1シードに快勝 (16時59分)

「水とお湯でテニスをサポートする話」 (15時57分)

マクラクラン勉組が準決勝へ (14時43分)

JTAと花王がスポンサー契約 (13時35分)

ティーム 自己最高3位へ王手 (12時51分)

トップ10選手から初勝利 (12時19分)

元世界1位を逆転で撃破 (11時51分)

2試合連続MPしのぎ勝利 (10時51分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!