- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織が最終調整「結果を残したい」、松岡修造以来の8強期待<ウィンブルドン>

6月24日から開幕するテニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)に第12シードで出場する錦織圭(日本)は、22日に世界ランク8位のJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)と練習し、1回戦へ向け最終調整を行った。デル=ポトロは第8シードで出場する。

順当に勝ち進んだ場合、錦織とデル=ポトロは4回戦で顔を合わせる。両者は昨年のウィンブルドン3回戦で対戦し、その時はデル=ポトロがストレートで勝利している。また、その後のウィンブルドンと同じ会場で行われたロンドンオリンピック準々決勝でも対戦し、その時もデル=ポトロが勝利を収めている。

世界ランク11位の錦織は、1回戦でM・エブデン(オーストラリア)と対戦する。錦織とエブデンは昨年の全豪オープン2回戦でも対戦し、錦織は2セットダウンの崖っぷちに追い込まれるも、大逆転で勝利した。

世界ランク110位のエブデンは、2012年に自己最高となる61位を記録している。また、今年の全豪オープン1回戦でもM・ヨージニに対し2セットアップとするも、そこから逆転で敗れている。

錦織が日本人男子で松岡修造(日本)以来となるベスト8へ駒を進めた場合、準々決勝で第4シードのD・フェレール(スペイン)と対戦する可能性が高い。世界ランク4位で31歳のフェレールは、今年の全仏オープンでグランドスラムを通して初の決勝進出を果たし、R・ナダル(スペイン)に敗れるも準優勝を飾った。

錦織とフェレールは過去5度対戦しており、2勝3敗と錦織は負け越している。

錦織は自身の公式ブログで、ウィンブルドンへ向け「是非いい結果を残したいです。」と、意気込みを語っている。

1995年のウィンブルドンでベスト8進出を果たしている松岡修造は、準々決勝でP・サンプラス(アメリカ)に7-6 (7-5), 3-6, 4-6, 2-6で敗れている。

また、錦織はBNPパリバ・テニスクラシックに出場し、20日に世界ランク2位のA・マレー(英国)、21日にはナダルとエキシビションマッチを行うなどでも芝コートへの調整を行っていた。

【錦織圭 ウィンブルドン戦歴】

<2012年>
・1回戦 勝利 M・ククシュキン(カザフスタン) 7-5, 6-3, 6-4
・2回戦 勝利 F・セラ(フランス) 6-3, 7-5, 6-2
・3回戦 敗退 J・M・デル=ポトロ 3-6, 6-7 (3-7), 1-6

<2011年>
・1回戦 敗退 L・ヒューイット(オーストラリア) 1-6, 6-7 (4-7), 7-6 (9-7), 3-6

<2010年>
・1回戦 敗退 R・ナダル 2-6, 4-6, 4-6

<2008年>
・1回戦 敗退 M・ジケル(フランス) 6-4, 5-7, 途中棄権

《ウィンブルドン 男女対戦表》


■関連記事■

《【コラム】錦織圭、2セットダウンからの生還◇第5弾 2012激闘シリーズ その2》

《錦織に勝利のナダル「ここでプレー出来て嬉しいよ」<BNPパリバ・テニスクラシック>》

《錦織はマレーに敗れるも、ナダルとの再戦決まる<BNPパリバ・テニスクラシック>》

《【映像付】ナダルが錦織を称賛「トップ10入りはすぐに叶うだろう」<全仏オープン>》

《錦織がトップ10入りまで、あと1つに迫る<世界ランキング>》

《錦織「やはりナダルは強かった」、そして「8への壁を早く破りたい」》


■関連動画■

《錦織がフェデラーから大金星!◇ATP男子ツアーマガジン Vol.171》》

《錦織がナダルらと豪華ミニラリー◇ATPマガジン Vol.169》

《錦織圭の鮮やかなプレーが満載!ATP男子ツアーマガジン Vol.164》
(2013年6月23日11時57分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!