カップルで同週V!ATP&WTA500制覇

ゲッティイメージズ
優勝を飾ったボールター
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのCymbiotika サンディエゴ オープン(アメリカ/サンディエゴ、ハード、WTA500)は3日にシングルス決勝が行われ、世界ランク49位のK・ボールター(イギリス)が第6シードのM・コスチュク(ウクライナ)を5-7, 6-2, 6-2の逆転で破りWTA500初優勝を飾るとともに、ツアー2勝目を挙げた。また、2日に行われた男子テニスのアビエルト・メキシカーノ・テルセル・HSBC(メキシコ/アカプルコ、ハード、ATP500)ではボーイフレンドのA・デ ミノー(オーストラリア)がタイトルを獲得しており、カップルで同週に500グレードの大会を制覇した。

>>【動画】カップルで同週V!熱い抱擁で喜びを分かち合うデミノーとボールター<<

27歳のボールターは今大会、1回戦で同36位のL・ツレンコ(ウクライナ)、2回戦で第2シードのB・ハダッド=マイア(ブラジル)、準々決勝で第7シードD・ヴェキッチ(クロアチア)、準決勝で第3シードのE・ナヴァッロ(アメリカ)を撃破し決勝戦に進出した。

コスチュクとの顔合わせとなった決勝戦、第1セットを落としたボールターだったが、第2セット以降はファーストサービス時に81パーセントの確率でポイントを獲得しコスチュクのブレークを1度に抑えると、自身はリターンゲームで5度のブレークを奪い、2時間13分で逆転勝利を収めタイトルを獲得した。

同一戦にはボールターのボーイフレンドであるデ ミノーも応援に駆け付けた。デ ミノーは2日にメキシコで行われたアビエルト・メキシカーノ・テルセル・HSBCの決勝でC・ルード(ノルウェー)を6-4,6-4のストレートで下し大会2連覇を達成。

アカプルコの2日22時45分ごろに決勝戦を終えたデ ミノーは翌朝6時の飛行機で恋人の大一番に駆け付けた。

カップルで同週に500グレードの大会制覇を成し遂げた2人は試合後に抱き合い喜びを分かち合った。

そして表彰式でボールターはデ ミノーに「昨夜試合を終えたボーイフレンドに、ささやかな感謝の気持ちを伝えたい。彼は今朝4時15分のタクシーに乗り、6時のフライトで今日ここに来た。本当にありがとう」と感謝を述べた。

この優勝により、ボールターは3月4日付の世界ランキングで27位となりキャリアハイを更新した。

【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新ウエア&シューズ 発売>




■関連ニュース

・錦織 圭の新コーチ”ヨハンソン”とは
・29歳でツアー初V「奇跡だと思う」
・スポーツ界のアカデミー賞にジョコらテニス界から5名ノミネート

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2024年3月4日17時11分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)