メド、ティーム 新設大会出場

ゲッティイメージズ
ノベンティOPでのメドベージェフ
画像提供:ゲッティイメージズ

20日に開幕する男子テニスのマヨルカ・チャンピオンシップス(スペイン/マヨルカ、芝、ATP250)は18日に公式サイトで、組み合わせを発表した。D・メドベージェフ(ロシア)は第1シード、D・ティーム(オーストリア)は第2シードとして出場する。

>>メド 芝新大会への出場決定<<

同大会は昨年新設された大会だったが、第1回大会は新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて延期となっていたため、今年が初めての開催となる。また、今大会の第1シードから第4シードは1回戦が免除となる。

第1シードのメドベージェフは世界ランク51位のL・ハリス(南アフリカ)か同94位C・ムーテ(フランス)のどちらかと初戦を戦うことが決まった。また、第2シードのティームは世界ランク42位のA・マナリノ(フランス)か同45位のJ・シュトルフ(ドイツ)のどちらかと初戦で対戦する。

そして、第3シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)は世界ランク62位のG・ペラ(アルゼンチン)か同88位のS・トラヴァグリア(イタリア)のどちらかと、第4シードのP・カレノ=ブスタ(スペイン)は同73位のJ・ヴェセリ(チェコ)か同97位のS・カルーソ(イタリア)のどちらかと対戦することになる。

その他、第5シードのC・ルード(ノルウェー)は世界ランク71位のG・シモン(フランス)と、第6シードのK・ハチャノフ(ロシア)は予選通過者と、第7シードのU・アンベール(フランス)は同47位のM・キツマノビッチ(セルビア)と、第8シードのD・ラヨビッチ(セルビア)は予選通過者と、それぞれ対戦することが決定した。

予選通過者は19日に予選が行われ、2試合を勝ち抜くと本選出場権が得られる。この予選には世界ランク255位の綿貫陽介も参加しており、第7シードのD・ガラン(コロンビア)との対戦は第2試合に予定されている。

また、世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)は同大会のダブルスにワイルドカードで参加することも発表された。

マヨルカ・チャンピオンシップス終了後の6月28日からはウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)が開幕する。

[PR]男子テニスATPツアー500 ハレ/ロンドン

WOWOWオンデマンドで配信!
6/14(月)~6/20(日)

ウィンブルドンテニス
6/28(月)~7/11(日)
WOWOWで連日生中継!


■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・ルブレフ4強「改善できる」
・新大会へ思い「貴重な資産」
・錦織下したコルダ 4強ならず

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2021年6月19日14時29分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)