- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ソックがシードダウン演出

テニスのグランドスラムである全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー)は26日、男子シングルス1回戦が行われ、世界ランク37位のJ・ソック(アメリカ)がシードダウンを演出した。第10シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)に7-6 (9-7), 6-2, 6-3のストレートで勝利、3年連続の2回戦進出を決めた。

この試合、ソックは強烈なサービスとフォアハンドを武器にディミトロフを攻め立て、ウィナーの数は30を記録。ファーストサービスが入った時には81パーセントの高い確率でポイントを獲得した。マッチポイントでは、ソックが最も得意とするフォアハンドの逆クロスでのウィナーを決めてディミトロフを撃破。

今回の対戦でソックはディミトロフとの対戦成績を1勝1敗とした。

2回戦でソックは、V・エストレージャ=ブルゴス(ドミニカ共和国)に勝利したP・カレノ=ブスタ(スペイン)と対戦する。

22歳のソックは、2011年の全米オープン ミックスダブルスで優勝。

昨年のウィンブルドン ダブルスではV・ポスピシル(カナダ)とペアを組み、決勝でダブルス最強のB・ブライアン(アメリカ)/ M・ブライアン(アメリカ)組を大接戦の末に下し、タイトルを獲得した。

今年は、米男子クレーコート選手権で先輩のS・クエリー(アメリカ)を決勝で下し、ツアー初優勝を飾った。

一方、敗れたディミトロフは全仏オープン2年連続の初戦敗退となった。昨年はビッグサーバーI・カルロビッチ(クロアチア)に敗れている。

この日は第1セットでリードするも、タイブレークを落としてから一気に失速し、その後もソックの勢いを止める事が出来なかった。

24歳ディミトロフの世界ランキング自己最高位は、昨年8月に記録した8位。これまでツアー4勝をマークしており、片手のバックハンドが特徴。以前まではR・フェデラー(スイス)とフォームが似ている事から「ベビー・フェデラー」と呼ばれる事もあった。

またディミトロフはプライベートでM・シャラポワ(ロシア)と交際している。

>>全仏オープンドロー表<<


■関連ニュース■ 

・地元22歳 同胞下しツアー初V
・フェデラー ディミトロフ称賛
・ディミトロフ 連覇の夢を断つ


■最新ニュース■ 

・ナダル不安消す 目指すはV10
・西岡 良仁、トップの力を痛感
・フェデラー事件 大会に怒り
(2015年5月27日3時33分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!