- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラー事件 大会に怒り

テニスのグランドスラムである全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー)は24日に開幕し、男子シングルス1回戦が行われ、第2シードのR・フェデラー(スイス)がラッキールーザーのA・ファリャ(コロンビア)を6-3, 6-3, 6-4のストレートで下し、順当に2回戦進出を決めた。しかし、試合後フェデラーに事件が起きた。

センター・スタジアムであるコート・フィリップ・シャトリエで行われたこの試合、終了直後にフェデラーはオンコート・インタビューを受けた。すると、その直後に10代と思われるファンが乱入してフェデラーの肩に手を回すと、自身の携帯電話でフェデラーと写真を撮ろうとする事件があった。

フェデラーは明らかに驚いた表情を見せて、困惑しながら少年を振り払おうとしていた。間もなく警備員が駆けつけ少年をフェデラーから引き離した。

「フィリップ・シャトリエでこんな事が起きてはならない。全く嬉しい事ではない。一瞬たりとも良い気持ちにはならなかった。」と、2009年のチャンピオンであるフェデラーは怒りをあらわにした。

「試合をしている時やコート上では、全ての選手が安全でいなければならない。これほど頻繁に起きるべきではない。2日間で2回起きている。」と、フェデラー。

試合前日の土曜日に練習を行っていたフェデラー。

「1人の少年がコートに入ってくると、次々に5人の少年が入ってきたんだ。警備員はそれにほとんど反応しなかった。」と、前日にも似たような事が起きていた事を明かした。この日も少年がフェデラーのもとへ訪れても、警備員が駆けつけるまでは数分かかっていた。

「警備員の姿をして、ただそこに立っているだけではないはずさ。面白い話などではない。大会側からも、何らかの処置をしてもらいたい。」と、厳しい口調で語っていた。

フェデラー曰く、大会主催者であるギルベール・イサーン氏は、すぐにフェデラーへ謝罪したと言うが「警備体系を変える理由は見当たらない。」と、今後の対応を語っていた。

しかしながら、その少年は今後大会会場への入場を禁止されたと伝えた。

警備員に対しては「どんな場合でも、いかなる理由があっても、誰1人としてコートへ入れてはいけない。」と、再び言い聞かせていた。

コート上での選手のセキュリティに関しては、1993年にM・セレス(アメリカ)がドイツのハンブルグで行われた大会に出場していた時、コートチェンジの際当日ライバルであったS・グラフ(ドイツ)の熱狂的なファンに背中を刺されるという悲惨な事件が起きてから、厳しくなっていた。

全仏オープンでのこのような事件にフェデラーがあったのは2回目だった。

2009年の決勝戦の第2セット途中で、1人の男がカメラマン席を飛び越えてコートに乱入し、フェデラーに赤い帽子を被せようとした事があった。

それでもフェデラーは、5年前のウィンブルドンでフルセットへもつれる試合を強いられたファリャをストレートで下し「この大会へ来るのは大好きなんだ。怪我もしなかったし、とても満足している。」と、勝利の喜びを語った。

フェデラーは2回戦で、予選を勝ち上がったM・バッヒンガー(ドイツ)を6-4, 6-3, 7-6 (9-7)のストレートで退けたM・グラノジェルス(スペイン)と対戦する。

>>全仏オープン男子ドロー表<<


■関連ニュース■ 

・フェデラー 危険な相手破る
・錦織vsフェデラー戦に期待
・フェデラー「ジョコ強すぎた」


■最新ニュース■ 

・ジョコビッチ 錦織戦で雄叫び
・錦織ら日本勢が同ブロックに
・死のブロック ジョコとナダル
(2015年5月25日8時45分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

5月28日

ジョコ Vなしで全仏OPは4度目 (23時23分)

歴代最多69大会連続出場で引退 (21時58分)

ビッグカップルが復縁、破局から一転 (20時54分)

世界2位シナー「錦織と対戦したい」 (19時43分)

加藤未唯 全仏OP連覇へ 混合複出場 (18時13分)

観客にボール直撃「混乱していた」 (17時21分)

喜び爆発!ツアー初勝利が全仏OPに (13時45分)

復活の元女王 10ヵ月白星で初戦突破 (12時59分)

【YouTube】杉村太蔵が元デ杯代表と激突!得意のサーブ&ボレーで攻略なるか?!毎トー優勝へ向け3セットマッチ (11時52分)

メド 全仏OP2年ぶり初戦突破 (11時19分)

モンフィス、ツォンガ抜き仏男子歴代最多に (10時37分)

ナダル 今後は?「自分の気持ちを確認する」 (9時13分)

日比野菜緒 全仏OP初戦敗退 (8時05分)

西岡 オジェのサーブ「どうしても崩せない」 (6時54分)

ズベレフ「最も特別な試合の1つ」 (5時53分)

大坂なおみ戦へ「準備必要」 (5時04分)

ナダル「感謝してもしきれない」 (2時57分)

引退示唆ナダル 全仏初の初戦敗退 (1時51分)

ズベレフ 全仏OPでナダル撃破 (1時30分)

【1ポイント速報】ナダルvsズベレフ (0時15分)

5月27日

錦織圭 全仏OP2回戦は世界15位 (23時36分)

西岡良仁 全仏OP初戦敗退 (23時17分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsオジェアリアシム (23時05分)

大坂なおみ 2回戦はシフィオンテク (22時03分)

シナー勝利も「100%じゃない」 (21時02分)

苛立ち見せ打ったボールが観客直撃 (20時01分)

37歳ガスケ初戦突破 チョリッチにストレート勝ち (13時16分)

苦しむ元女王、全仏V後は3年連続初戦敗退 (12時35分)

錦織 “5セットキング”は継続、現役最高勝率記録 (11時01分)

錦織「様子見て決める」棄権の可能性も示唆 (9時21分)

錦織 4時間超え死闘「紙一重」で勝利 (8時37分)

ジョコ「期待は低く、望みは高い」 (7時49分)

ワウリンカ、マレー撃破で全仏OP初戦突破 (6時36分)

大坂なおみ「どの試合も勝てる」 (6時00分)

錦織圭 3年ぶり全仏OPで初戦突破 (5時35分)

【1ポイント速報】錦織圭vsディアロ 全仏OP1回戦 (1時05分)

望月慎太郎 世界8位に屈し初戦敗退 (0時33分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎、望月慎太郎 全仏OP1回戦 (0時20分)

5月26日

右腕に不安残すも完勝で2回戦へ (23時45分)

ダニエル太郎、敗退も「ポジティブ」 (23時28分)

大坂なおみ 初戦突破「緊張していた」 (22時08分)

ダニエル太郎 善戦も全仏OP初戦敗退 (21時24分)

大坂なおみ 全仏OP3年ぶり初戦突破 (21時13分)

【1ポイント速報】大坂なおみ 全仏OP1回戦 (19時00分)

日比野菜緒「すごく調子いい」 (17時38分)

西岡良仁「良いテニスできてる」 (17時07分)

大坂なおみ 四大大会全制覇「目標」 (16時17分)

ナダルコーチ「ラファは死ぬまでプレーする」 (14時59分)

20歳新星がツアー初V「大きな自信」 (11時21分)

ダブルヘッダー制し12勝目、勢いつけ全仏へ (10時23分)

ナダル「最後の全仏になる可能性は高い」 (8時45分)

西岡、五輪「もちろん出たい」 (7時29分)

【動画】現役引退を迎え涙を流すコルネ (0時00分)

5月25日

錦織圭 6月芝大会に出場へ (23時11分)

阿部宏美/永田杏里ペア 2週連続V (22時29分)

大坂なおみ 全仏OPへ「準備は順調」 (20時22分)

18連勝の内島萌夏 全仏OPへ「楽しむ」 (19時12分)

望月慎太郎 全仏OPで世界8位と激突 (18時11分)

1ゲームで6回アンダーサーブ!結果は? (17時10分)

フェデラー「素晴らしい経験」 (15時54分)

錦織圭 全仏OPへ「1回戦突破目指す」 (15時41分)

「錦織圭は天才的」とダニエル太郎 (14時20分)

腰負傷のシナー「良い感じ」 (12時03分)

「ラファと戦いたかったけど...」 (11時04分)

ジョコ「僕は全仏V候補ではない」 (10時02分)

アルカラス「フォア打つのは怖い」 (8時58分)

錦織圭「不安は正直かなりある」 (7時56分)

初戦でナダル回避「よかった」 (6時55分)

錦織圭 全仏OP初戦は世界166位に決定 (1時46分)

【動画】大坂なおみ 全仏OP初戦突破の瞬間! (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!