【1ポイント速報】西岡良仁vsデ ミノー

ゲッティイメージズ
西岡良仁とアレックス・デ ミノー
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)は3日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク96位の西岡良仁が第11シードのA・デ ミノー(オーストラリア)を3-6, 7-6 (8-6), 6-2の逆転で破り、2019年以来3年ぶり2度目のベスト16進出を果たした。

>>西岡良仁vsデ ミノー 1ポイント速報<<

>>西岡、ルブレフらシティOPの組合せ<<

両者は3度目の顔合わせで西岡の2勝。直近では2019年のW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)の3回戦で対戦しており、7-5, 6-4のストレート勝ちをおさめている。

26歳の西岡は1回戦で世界ランク37位のJ・ブルックスビー(アメリカ)を6-4, 6-3のストレートで下して初戦突破を果たした。

一方、世界ランク21位のデ ミノーは今大会のシード勢が1回戦免除のため、この試合が初戦となる。

この試合の勝者は3回戦で第7シードのK・ハチャノフと対戦する。ハチャノフは2回戦で世界ランク145位のD・ケプファー(ドイツ)を6-7 (3-7), 7-5, 6-4の逆転で下しての勝ち上がり。




■関連ニュース

・西岡良仁 シティOP初戦突破
・西岡 全豪敗退後の心境を告白
・西岡良仁「自信取り戻せた」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2022年8月4日2時30分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)