- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ジョコ 若手に実力見せつける

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は3日、男子シングルス3回戦が行われ、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が第27シードの22歳B・トミック(オーストラリア)を6-3, 6-3, 6-3のストレートで下し、7年連続の4回戦進出を決めた。

【会場でしか買えない 全英タオル】

この試合、ジョコビッチは完全に主導権を握り、トミックに1度もブレークを許さない試合を展開。コースを巧みについたストロークでトミックを圧倒し、最後はサービスエースを決めたジョコビッチが1時間32分で難なく4回戦へ駒を進めた。

勝利したジョコビッチは、4回戦で第14シードのK・アンダーソン(南アフリカ)と対戦する。

世界ランク1位のジョコビッチは、今年の全仏オープン決勝でS・ワウリンカ(スイス)に逆転を許し準優勝。生涯グランドスラム(全豪・全仏・全英・全米の四大大会全てで優勝)の達成は次に持ち越された。

グランドスラムでは8度の優勝を誇るジョコビッチ。過去のウィンブルドンでは、2011・2014年で2度タイトルを獲得しており、昨年の決勝ではフェデラーに接戦を制して優勝を飾った。今回は大会3度目、2連覇を狙う。

また、今大会のシード勢が順当に勝ち上がった場合、ジョコビッチは準々決勝で第5シードの錦織圭(日本)と対戦する組み合わせとなっていたが、錦織は左ふくらはぎの負傷により棄権。期待されていた対戦は実現されなかった。

錦織もジョコビッチとの対戦を意識していたようで「芝でも良いプレーが出来ていたので、彼(ジョコビッチ)と対戦するチャンスを逃してしまったことを、とても残念に思う。」と、素直な気持ちを述べていた。

【ウィンブルドン 男子シングルス対戦表】

ウィンブルドンタオル




■関連ニュース■ 

・ジョコ 全英去る33歳に完勝
・ジョコ 練習再開は10日前
・錦織 ジョコ戦逃し悔やむ


■最新ニュース■ 

・スタン 貫禄の勝利
・キリオス 逆転でリベンジ成功
・ナダル撃破ブラウン 自画自賛
(2015年7月4日1時18分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!