- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織 ジョコ戦逃し悔やむ

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は1日、松岡修造(日本)以来 日本男子20年ぶりのベスト8、さらに四大大会初優勝を狙っていた第5シードの錦織圭(日本)は左ふくらはぎの負傷により2回戦を棄権する決断をした。

S・ヒラルド(コロンビア)と2回戦を行うはずだった錦織は、今大会前哨戦のゲリー・ウェバー・オープンで痛めた左ふくらはぎが、S・ボレッリ(イタリア)との1回戦で再び悪化していた。

この日、試合へ向けてウォーミングアップをした錦織だったが、朝からあった痛みが強まったためコートに立つことを断念し、検査をすることに決めた。

「歩いたり走ったりするだけで痛みがあった。だから、今日の試合を棄権しました。」と、錦織。

シード勢が順当に勝ち上がった場合、錦織は準々決勝で第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する組合せとなっていた。

「芝でも良いプレーが出来ていたので、彼(ジョコビッチ)と対戦するチャンスを逃してしまったことを、とても残念に思う。」と、素直な気持ちを語ってた。

ゲリー・ウェバー・オープンの準決勝を途中棄権していた錦織だったが、今大会には十分戦える状態に回復して臨んでいた。迎えた1回戦でも怪我の問題はなかったが、ボレッリに接戦を強いられたため、試合終盤に怪我が再発してしまった。

「怪我は大丈夫だと思っていました。1回戦の第5セット目で、また痛みが大きくなってしまった。どうやってあの試合を戦ったかわからない。でも何とか勝つことが出来た。この2日間で回復してくれることを望んでいたけど、良くはならなかった。」

次に出場予定の大会は、1カ月後のアメリカ ワシントンDCで行われるシティ・オープン。それまでの間は治療と休養にあて、万全の状態でシリーズに入れるように準備する意向であると話す。

「今後出場する大会までには、怪我は回復しているはずだと思います。」と錦織は、万全の状態でコートに立つことを約束していた。

【ウィンブルドン対戦表】

ウィンブルドンタオル




■関連ニュース■ 

・錦織の棄権 過酷なツアー
・限界の錦織「忘れるしかない」
・ヒラルド「圭の早い回復願う」


■最新ニュース■ 

・ジョコ 全英去る33歳に完勝
・落胆 錦織「3セットだったら」
・BIG4順当 期待ソック敗れる
(2015年7月2日8時29分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!