- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

BIG4順当 期待ソック敗れる

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は30日、ボトムハーフ(対戦表の下半分)の男子シングルス1回戦が行われ、前日に2回戦進出を果たした第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)に続き、第2シードのR・フェデラー(スイス)、第3シードのA・マレー(英国)、第10シードのR・ナダル(スペイン)のBIG4が危なげなく初戦突破。しかし、第29シードのG・ガルシア=ロペス(スペイン)と第31シードのJ・ソック(アメリカ)は初戦敗退となった。

ボトムハーフの上半分は、上位シード勢が順当に勝ち進むとマレーとナダルが準々決勝で対戦する厳しい組合せとなっている。

2回戦でマレーはR・ハーセ(オランダ)、ナダルはD・ブラウン(ドイツ)と顔を合わせる。

2度のウィンブルドン優勝を誇るナダルにとって、2回戦のブラウンは危険な存在。昨年のゲリー・ウェバー・オープンでストレート負けを喫しているからである。

一方、ボトムハーフの下半分ではアメリカ期待の若手22歳のソックが初戦敗退。

昨年のウィンブルドン ダブルスではV・ポスピシル(カナダ)とのペアでタイトル獲得。また、今年の米男子クレーコート選手権でツアー初優勝を飾り、全仏オープンでナダルに4回戦で敗れるもグランドスラム初のベスト16進出した。

今大会で期待される中、この日ビッグサーバーのS・グロス(オーストラリア)に16本のサービスエースを決められたソックは、2時間12分で1回戦敗退となった。

また、ソックと対戦する可能性があったフェデラーは順当に2回戦へ駒を進めた。今大会では歴代最多8度目の優勝、さらに3年ぶりのグランドスラムタイトル獲得を狙う。

上位シード勢が順当に勝ち進むと、フェデラーは準々決勝で第6シードのT・ベルディヒ(チェコ共和国)と対戦する組合せ。5年前のウィンブルドンでも両者は対戦しており、その時はベルディヒが勝利している。

>>ウィンブルドン対戦表<<

ウィンブルドンタオル




■関連ニュース■ 

・ナダル 2回戦は難敵ブラウン
・マレー、ハードヒッター攻略
・フェデラー圧巻 最多Vへ前進


■最新ニュース■ 

・錦織 ジョコ参考「止まれた」
・錦織「急にひらめく」スライス
・土居「シード食う力があれば」
(2015年7月1日8時05分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!