- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

キリオス 逆転でリベンジ成功

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は3日、男子シングルス3回戦が行われ、第26シードの20歳N・キリオス(オーストラリア)が世界ランク8位のM・ラオニチ(カナダ)に5-7, 7-5, 7-6 (7-3), 6-3の逆転で勝利し、2年連続で4回戦進出。また、過去2戦全敗のラオニチに対してリベンジを果たした。

【会場でしか買えない 全英タオル】

第1セットの第1ゲームから両者サービスキープが続く中、第12ゲームでキリオスが1ポイント目をダブルフォルトしてからペースを崩し、ラオニチにブレークを許してこのセットを落とす。

感情の起伏が激しいことで知られているキリオスは、この試合でも自身の感情を露わにしていた。スーパープレーを披露し大きなガッツポーズで喜びを表現したかと思いきや、凡ミスに対してラケットを地面に叩きつける場面も見られた。

その後、会場を巻き込んで調子を上げてきたキリオスは、勢いに乗るととどまることを知らず、接戦の中で第2・3・4セットと連取。過去2戦全敗を喫していたラオニチに対して初の勝利を飾り、見事リベンジを果たした。

キリオスは、4回戦で第21シードのR・ガスケ(フランス)と対戦する。

現在20歳のキリオスは、2013年の全仏オープンでグランドスラム初の本戦出場、1回戦でR・シュティエパネック(チェコ共和国)に勝利し22回戦に進出した。

昨年、ウィンブルドンに初出場したキリオスは当時世界ランク144位。格上の相手を次々と下して勝ち上がり、4回戦では当時世界ランク1位のR・ナダル(スペイン)を撃破する金星をあげた。準々決勝では、今回対戦したラオニチに敗れるも、初出場にして自身初となる四大大会ベスト8入りを果たし、一躍世界にその名を轟かせた。

今年の全豪オープンでは、準々決勝でA・マレー(英国)に敗れるも2度目の8強入りを飾っている。

キリオスが四大大会初のベスト4に進出するには、4回戦で第21シードのR・ガスケ、準々決勝で第4シードのS・ワウリンカ(スイス)に勝利しなければならない。

今大会前哨戦のAEGON選手権1回戦で、キリオスはワウリンカと初めて対戦するもストレートで敗れている。

【ウィンブルドン 男子シングルス対戦表】

ウィンブルドンタオル




■関連ニュース■ 

・キリオス ハプニング起こす
・キリオス 3度の警告で失格寸前
・錦織より下の世代が脅威


■最新ニュース■ 

・18歳コリッチ マレー戦ならず
・ナダル撃破ブラウン 自画自賛
・BIG4で明暗分かれる
(2015年7月3日23時46分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!