- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

BIG4で明暗分かれる

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は2日、男子シングルス2回戦が行われ、既に3回戦進出を決めている第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)に加え、第2シードのR・フェデラー(スイス)、第3シードのA・マレー(英国)が順当に勝ち上がる中、BIG4の一角である第10シードのR・ナダル(スペイン)が世界ランク102位の格下D・ブラウン(ドイツ)に敗れて姿を消し、BIG4で明暗の分かれる結果となった。

【会場でしか買えない 全英タオル】

ボトムハーフの下半分に位置する第2シードのR・フェデラーは、S・クエリー(アメリカ)をストレートで下し、トップの力を見せ付けた。

第6シードのT・ベルディヒ(チェコ共和国)は、主催者推薦枠の芝を得意とするN・マウー(フランス)を6-1, 6-4, 6-4のストレートで退け、P・アンドゥハル(スペイン)との3回戦に駒を進めた。

しかし、第15シードのF・ロペス(スペイン)は、試合を通して32本のサービスエースを決めるも、最後はロペスのバックハンドミスで予選勝ち上がりのバシラシヴィリにフルセットで敗れ、2回戦で姿を消すこととなった。

第12シードのG・シモン(フランス)と第18シードのG・モンフィス(フランス)も順当に勝ち上がっており、両者は3回戦で顔を合わせることとなった。

しかし、ボトムハーフの上半分に位置する第10シードのナダルは、世界ランク102位のブラウンにまさかの敗戦を喫し、早い段階でコートを去ることとなった。

グランドスラムで14勝を誇る元王者ナダルだが、最近ではBIG4の中で他の3人に差を広げられており「ナダル伝説」終焉とまで囁かれ始め、苦しい状況となっている。

「またあのレベルに戻れるか、自分でもわからない。」とナダルも、現状を受け入れざるを得なかった。

また、敗れたナダルは、会場近くに借りていた家を明日には明け渡すこと話していた。

ナダルと同じボトムハーフの上半分に位置する第3シードのマレーは、R・ハーセ(オランダ)をストレートで下し、順当に勝ち上がっている。マレーが3回戦勝利した場合、4回戦では第13シードのJW・ツォンガ(フランス)と第23シードのI・カルロビッチ(クロアチア)の勝者と対戦。厳しい組合せとなっている。

今大会で上位シード勢が勝ち進んだ場合、準々決勝ではナダルとマレーのBIG4同士の戦いとなる組合せとなっており、対戦表が発表された時から2人の激突に期待が寄せられるも、それは実現しなかった。

>>ウィンブルドン対戦表<<

ウィンブルドンタオル

中古ラケット買取


■関連ニュース■ 

・BIG4崩壊の危機、窮地ナダル
・落胆ナダル 自信喪失か
・金星ブラウン「失う物はない」


■最新ニュース■ 

・エース53本 激闘カルロビッチ
・フェデラーが股抜きショット
・錦織「悲しい」乗り越えUSへ
(2015年7月3日12時34分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!