- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

エース53本 激闘カルロビッチ

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は2日、男子シングルス2回戦が行われ、第23シードのI・カルロビッチ(クロアチア)A・ドルゴポロフ(ウクライナ)との5-7, 6-3, 6-4, 6-7 (4-7), 13-11に及ぶ激闘を制して、2009年以来6年ぶりの3回戦進出を果たした。

【会場でしか買えない 全英タオル】

ビッグサーバーで知られるカルロビッチはこの試合、53本ものサービスエースを叩き込み、試合の流れを自身に引きこもうとした。しかし、それに対してドルゴポロフも一歩も引かず、接戦を繰り広げた両者の勝敗はファイナルセットまでもつれ込む。

3時間を超える激闘、どちらに勝利が転がり込んでもおかしくない中で、サービスを武器とするカルロビッチの方が一枚上手だった。自身のサービスゲームを確実にキープしたカルロビッチはドルゴポロフに1度もブレークチャンスを与えず、自身は3度のブレークチャンスから1度のブレークに成功し、カルロビッチが勝利を手にした。

3回戦では、第13シードのJW・ツォンガ(フランス)と顔を合わせる。

世界ランク25位のカルロビッチは、2009年のウィンブルドン準々決勝でR・フェデラー(スイス)に敗れるもベスト8入り。過去のグランドスラムではこれが自己最高成績となった。

昨年の同大会は、1回戦でF・ダンチェビッチ(カナダ)にストレートで敗れて初戦敗退。近年のウィンブルドンでは思うように勝ち進めておらず、今回は6年ぶりの3回戦進出となった。

また、今大会前哨戦のゲリー・ウェバー・オープン準々決勝で、T・ベルディヒ(チェコ共和国)と対戦したカルロビッチは、サービスエースを45本決めて3セットマッチの男子シングルス最多サービスエース数の新記録を叩き出した。

【ウィンブルドン 男子シングルス対戦表】

ウィンブルドンタオル




■関連ニュース■ 

・エース45本の新記録「嬉しい」
・BIG4順当 期待ソック敗れる
・ツォンガ 初戦から5セット


■最新ニュース■ 

・BIG4崩壊の危機、窮地ナダル
・フェデラーが股抜きショット
・錦織「悲しい」乗り越えUSへ
(2015年7月3日10時44分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!