- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

金星ブラウン「失う物はない」

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は2日、男子シングルス2回戦が行われ、予選を勝ち抜いた世界ランク102位のD・ブラウン(ドイツ)が2度の優勝を誇る第10シードのR・ナダル(スペイン)を7-5, 3-6, 6-4, 6-4で下す金星をあげ、2年ぶりの3回戦進出を決めた。

勝利の瞬間、陣営に向けて左脇腹のタトゥーに手をあてて喜びを表現し、大きなガッツポーズをした。

センターコートで行われたこの試合、ドレッドヘアがトレードマークのブラウンは13本のサービスエースを叩き込み、得意のサーブ&ボレーやドロップショットでナダルを前後左右に揺さぶって翻弄した。ウィナーの数はナダルの42本を上回る58本を記録し、2時間34分で勝利。

両者は昨年のゲリー・ウェバー・オープン2回戦でも対戦しており、その時もブラウンがナダルを破る番狂わせを起こしていた。

金星をあげたブラウンは「初めてのセンターコートだった。何をすればいいか予想出来ていた。ナダルとはゲリー・ウェバー・オープンでもプレーしていたから、自信はあった。失う物は何もないのだから。」と、試合後にコメント。

30歳のブラウンは芝でのプレーを得意としており、2013年のウィンブルドンでは2回戦で元世界ランク1位のL・ヒューイット(オーストラリア)に勝利して3回戦へ進出した。ツアー大会では優勝の経験がなく、世界ランキングでは78位が自己最高位。また、今年の全仏オープンでは予選1回戦でダニエル太郎(日本)に敗れていた。

父がジャマイカ人、母はドイツ人の家に生まれたブラウンは、トリッキーなプレーをすることで知られており、今年のゲリー・ウェバー・オープンでは錦織圭(日本)を苦しめた。

グランドスラム初のベスト16進出を狙うブラウンは、3回戦では第22シードのV・トロイキ(セルビア)と対戦する。

(コメントはWOWOWから抜粋)

>>ウィンブルドン対戦表<<

ウィンブルドンタオル




■関連ニュース■ 

・脱帽ブラウン「圭が良すぎた」
・錦織 難敵114位撃破
・「ナダル伝説」終焉か


■最新ニュース■ 

・フェデラーが股抜きショット
・錦織 ジョコ戦逃し悔やむ
・錦織 これまでの棄権回数
(2015年7月3日4時51分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!