- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

「ナダル伝説」終焉か

テニスのグランドスラムである全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー)は3日、男子シングルス準々決勝が行われ、赤土での戦いを知り尽くす第6シードR・ナダル(スペイン)は、第1シードで世界ランク1位N・ジョコビッチ(セルビア)に、大会10度目の優勝と6連覇を阻まれた。5-7, 3-6, 1-6のストレート負け。今回で全仏2度目の敗戦を喫し、「ナダル伝説」終焉と思われる試合内容だった。

試合後、ナダルは落ち込んだ様子で「チャンスはあったが、ノヴァーク(ジョコビッチ)がずっと主導権を握っていた。彼の方が僕より良かった、それだけだ。」と、コメント。

「自分より上だったから、当然の結果だ。ただ、ノヴァークを祝福するだけだよ。」

世界ランク1位のジョコビッチとは言え、これまで赤土では絶対王者だったナダルが完敗。最後はナダルのダブルフォルトで、ビッグマッチに幕が下りた。

試合を通してジョコビッチに45本ものウィナーを決められ、第3セットでは手も足も出ない状況だった。

接戦だったのは第1セット、ナダルは何度もブレークチャンスをジョコビッチに与えたが、絶妙なタッチのドロップショットや200キロを超えるサービスでしのいだ。第12ゲームではスマッシュのミスが影響し、第1セットを落とすも、ナダルの挽回に期待が寄せられた。

しかし、第2セットも落としてしまったナダルは一気に失速し、反撃の糸口を見つけることが出来ず、会場からは「RAFA!RAFA!(ラファ!ラファ!)」と、ナダルへ声援が送られるも、ジョコビッチの勢いを止められなかった。

両者は今回が通算44度目の対戦で、ナダルはジョコビッチとの対戦成績を23勝21敗とした。

2009年の全仏オープン、世界中が驚いたことは記憶に新しい。2005年から全仏4連覇していた赤土の王者ナダルが4回戦敗退。ナダルを破ったのは、破壊力抜群のストロークを放つR・ソダーリン(スウェーデン)

以降、復活を果たしたナダルは2010年から再び力を取り戻し、全仏5連覇を達成、今年は前人未到10度目の優勝と6連覇を狙っていたが、その夢は叶わなかった。

今季のナダルは不振で、以前は少なくともマスターズ1大会は必ず優勝して全仏オープンに出場していたが、今年は前哨戦マスターズ3大会で無冠。世界ランキングでは10年ぶりのトップ5から転落。

全仏での完全復活を誰もが願ったが、今回ナダルとジョコビッチが勝ち上がると、準々決勝で対戦する組合せ。まさに死のブロック。ナダルはジョコビッチの壁を超えなければいけない状況だったが、歯が立たなかった。

これからは芝のシーズンに入り、選手はウィンブルドン優勝を狙う。ナダルは過去2度優勝しているウィンブルドンで、復活するのだろうか。

(コメントはWOWOWから抜粋)

【ノヴァーク・ジョコビッチ vs ラファエル・ナダル 全仏オープン対戦成績】

<2015年>
・準々決勝 N・ジョコビッチ 7-5, 6-3, 6-1 R・ナダル

<2014年>
・決勝 R・ナダル 3-6, 7-5, 6-2, 6-4 N・ジョコビッチ

<2013年>
・準決勝 R・ナダル 6-4, 3-6, 6-1, 6-7 (3-7), 9-7 N・ジョコビッチ

<2012年>
・決勝 R・ナダル 6-4, 6-3, 2-6, 7-5 N・ジョコビッチ

<2008年>
・準決勝 R・ナダル 6-4, 6-2, 7-6 (7-3) N・ジョコビッチ

<2007年>
・準決勝 R・ナダル 7-5, 6-4, 6-2 N・ジョコビッチ

<2006年>
・準々決勝 R・ナダル 6-4, 6-4, 途中棄権 N・ジョコビッチ

>>全仏オープンドロー表<<







■関連ニュース■ 

・実現決定 ジョコvsナダル
・ナダル「最も厳しい準々決勝」
・死のブロック ジョコとナダル


■最新ニュース■ 

・チャン「コーチとして満足」
・ツォンガ「錦織素晴らしい」
・大健闘 錦織に奇跡起きず
(2015年6月4日3時48分)

その他のニュース

8月18日

敗退ナダル「練習しないと」 (15時58分)

全米OP ティームらにWC (15時34分)

19歳大学生 ルード撃破で16強 (14時59分)

ラドゥカヌ 完勝で16強 (14時01分)

ナダル 熱戦落とし初戦敗退 (13時08分)

シナー 相手棄権で大会初16強 (11時09分)

オジェ 2年連続の16強 (10時53分)

元1位ハレプ 史上3人目の記録 (10時10分)

クヴィトバ 6度目の16強 (9時28分)

ジョコ、バスケ親善試合を観戦 (8時57分)

チチパス 完勝で3年連続の16強 (8時28分)

ダニエル太郎 全米OP本戦入り (7時58分)

錦織、全米OPのWCに含まれず (7時30分)

マレー撃破「簡単ではない」 (7時01分)

フリッツ 50分でキリオス撃破 (6時30分)

マレー 逆転負けで16強逃す (6時00分)

8月17日

土居「気持ちを切り替え」 (23時35分)

モンフィス 全米OP欠場 (21時33分)

「プレッシャーに負けない」 (19時53分)

元70位 尾﨑里紗が今季引退 (18時40分)

ナダルと初対戦は「夢の中」 (18時12分)

全米大学王者がソネゴ撃破 (17時05分)

フリッツ 2年ぶりの初戦突破 (14時54分)

第1シードの西岡が途中棄権 (13時35分)

メド「初戦はトリッキー」 (12時24分)

セリーナと対戦「光栄な事」 (11時30分)

ヴィーナス撃破で初戦突破 (11時00分)

わずか55分の完勝で初戦突破 (10時21分)

引退意向のセリーナ 初戦敗退 (9時40分)

大坂、敗退後にセリーナを観戦 (9時15分)

デ ミノー 初戦突破、次戦オジェ (8時55分)

ポール 米国対決制し初戦突破 (8時31分)

シナー 3時間超えの激闘制す (8時00分)

キリオス初戦突破「満足」 (7時26分)

ナダル 初戦は元12位チョリッチ (6時38分)

元世界3位ワウリンカ「光栄」 (6時00分)

大坂なおみ 2週連続の初戦敗退 (1時22分)

【1ポイント速報】大坂vsザン (0時07分)

8月16日

元世界3位 3年ぶり初戦突破 (22時39分)

カレノ=ブスタ浮上、最終戦ランク (19時19分)

土居美咲 17歳新鋭に敗れる (18時31分)

21歳で世界1位「長期的に考える」 (15時48分)

31本エース 辛くも初戦突破 (14時45分)

デ杯GS ジョコら出場 (13時51分)

ベレッティーニ下し初戦突破 (12時13分)

フェルナンデスが初戦敗退 (10時10分)

マレー激闘制す「疲れ感じる」 (9時00分)

キリオス 2年半ぶり20位台へ (8時49分)

アルカラス「自分への挑戦」 (8時29分)

ナダル「最後まで戦えるよう」 (7時55分)

ワウリンカ 4大会連続の初戦敗退 (6時59分)

マレー初戦突破 ワウリンカ撃破 (6時14分)

【1ポイント速報】マレーvsワウリンカ (3時00分)

8月15日

大坂39位、土居は95位に (19時02分)

西岡TOP50目前の51位に (18時02分)

メド全米へ「自信つけたい」 (15時51分)

18歳ガウフ 複1位に到達 (15時01分)

大坂39位 15日付世界ランク (13時38分)

錦織 12年ぶり300位台へ (12時43分)

錦織「手術して良かった」 (11時00分)

ナダル 今は「健康維持」が1番 (8時51分)

ハレプ 4年ぶり3度目V (8時11分)

カレノ=ブスタ MS初優勝 (7時30分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!