- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ナダル「最も厳しい準々決勝」

テニスのグランドスラムである全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー)は1日、男子シングルス4回戦が行われ、前人未到10度目の全仏制覇を狙う第6シードのR・ナダル(スペイン)が、今大会台風の目J・ソック(アメリカ)を6-3, 6-1, 5-7, 6-2で下して6年連続の8強入りを決めた。ナダルは準々決勝で対戦する第1シードで世界ランク1位N・ジョコビッチ(セルビア)とのビッグマッチについて語った。

今季ナダルは、本来の調子を取り戻せぬまま全仏オープンに臨んでいた。世界ランキングでは、この10年間で最悪の7位へ。そのため第6シードになったナダルは、準々決勝で上位4シード選手の1人と対戦しなければいけない状況になっていた。

全仏オープンの対戦表が発表され、ジョコビッチとナダルが準々決勝で対戦する可能性が明らかになった時、両者はそれについて語らなかった。2人とも準々決勝へ勝ち上がることが、まず必要だと口を揃えていた。

「そうだね、今はそれについて話せるよ。」とナダルは、微笑みながら語り始めた。

「この全仏オープンでは、過去最も厳しい準々決勝であるのは疑う余地もない。決勝戦ではない。まだ準々決勝なんだ。その勝者が全仏オープンのチャンピオンになるわけではない。それは本当に大きな違いさ。もちろん、これは特別な試合になるだろうけど、それはまだ準々決勝なんだ。」

ナダルはソックに勝利したことで全仏オープン70勝1敗、39連勝中。

ナダルにとって唯一の敗戦は2009年の4回戦で、その時はR・ソダーリン(スウェーデン)に敗れた。

準々決勝で対戦するジョコビッチとは、今回が通算44度目の顔合わせ。両者は過去43度対戦しており、全仏オープンだけで見るとナダルが6戦全勝中。

両者の試合は、大会11日目の6月3日を予定している。

【ノヴァーク・ジョコビッチ vs ラファエル・ナダル 全仏オープン対戦成績】

<2014年>
・決勝 R・ナダル 3-6, 7-5, 6-2, 6-4 N・ジョコビッチ

<2013年>
・準決勝 R・ナダル 6-4, 3-6, 6-1, 6-7 (3-7), 9-7 N・ジョコビッチ

<2012年>
・決勝 R・ナダル 6-4, 6-3, 2-6, 7-5 N・ジョコビッチ

<2008年>
・準決勝 R・ナダル 6-4, 6-2, 7-6 (7-3) N・ジョコビッチ

<2007年>
・準決勝 R・ナダル 7-5, 6-4, 6-2 N・ジョコビッチ

<2006年>
・準々決勝 R・ナダル 6-4, 6-4, 途中棄権 N・ジョコビッチ

>>全仏オープンドロー表<<




■関連ニュース■ 

・実現決定 ジョコvsナダル
・死のブロック ジョコとナダル
・ジョコ ナダル戦「誰もが予想」


■最新ニュース■ 

・修造が錦織を祝福&絶賛
・ツォンガ 錦織戦に闘志燃やす
・錦織 チャンの伝説試合「凄い」
(2015年6月2日9時21分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!