- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ジョコ ナダル戦「誰もが予想」

テニスのグランドスラムである全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー)は1日、男子シングルス4回戦が行われ、第1シードで世界ランク1位N・ジョコビッチ(セルビア)が第20シードの地元R・ガスケ(フランス)を6-1, 6-2, 6-3のストレートで下し、全仏10度目のタイトル獲得を狙う第6シードR・ナダル(スペイン)との準々決勝へ進出した。試合後、ジョコビッチはナダル戦に向けて語った。

決勝戦とも言えるこの好カードは、大会11日目の現地3日に実現する。

ジョコビッチは「誰もが予想し、期待していた対戦だろう。こんなに早いラウンドで彼(ナダル)と対戦するのは慣れていない。でも、これが現実だし、お互いが受け入れなければならないチャレンジなんだ。」と、ビッグマッチについて語った。

2012・2014年の全仏オープン決勝でナダルと対戦したジョコビッチは、惜しくも準優勝に終わった。

今年の全豪オープン優勝で、ジョコビッチはグランドスラム8度目のタイトル獲得。

そんなジョコビッチは全仏オープンの優勝で生涯グランドスラム(全豪・全仏・全英・全米の四大大会全てで優勝)達成となる。これまで優勝のない全仏オープンで、過去10度の敗戦中6度がナダルに敗れている。

しかし、それは恥ずべきものには値しない。なぜなら、ナダルは1日、J・ソック(アメリカ)に勝利したことで全仏オープン70勝1敗、39連勝中の驚異的な記録を誇っているからだ。ナダルは14度のグランドスラム優勝中9度が、この全仏オープンで達成しているが、これは1つのグランドスラムで達成した史上最多優勝回数となっている。

ナダルとって唯一の敗戦は2009年の4回戦で、その時はR・ソダーリン(スウェーデン)に敗れた。

準々決勝で対戦するナダルとは、今回が通算44度目の顔合わせ。両者は過去43度対戦しており、全仏オープンだけで見るとナダルが6戦全勝。

【ノヴァーク・ジョコビッチ vs ラファエル・ナダル 全仏オープン対戦成績】

<2014年>
・決勝 R・ナダル 3-6, 7-5, 6-2, 6-4 N・ジョコビッチ

<2013年>
・準決勝 R・ナダル 6-4, 3-6, 6-1, 6-7 (3-7), 9-7 N・ジョコビッチ

<2012年>
・決勝 R・ナダル 6-4, 6-3, 2-6, 7-5 N・ジョコビッチ

<2008年>
・準決勝 R・ナダル 6-4, 6-2, 7-6 (7-3) N・ジョコビッチ

<2007年>
・準決勝 R・ナダル 7-5, 6-4, 6-2 N・ジョコビッチ

<2006年>
・準々決勝 R・ナダル 6-4, 6-4, 途中棄権 N・ジョコビッチ

>>全仏オープンドロー表<<




■関連ニュース■ 

・実現決定 ジョコvsナダル
・死のブロック ジョコとナダル
・不安視ナダル 奇跡起きるか


■最新ニュース■ 

・修造が錦織を祝福&絶賛
・ツォンガ 錦織戦に闘志燃やす
・錦織 チャンの伝説試合「凄い」
(2015年6月2日8時34分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

10月18日

西岡良仁、今季初の4強ならず (22時26分)

【1ポイント速報】西岡vsクライノビッチ (20時56分)

大坂のイベントが開催決定 (19時50分)

第1シードスイトリナ 初戦敗退 (18時17分)

チリッチ 通算500勝達成 (17時23分)

マレー8強「気分良い」 (14時28分)

杉田祐一8強「戻ってきた」 (11時35分)

シード勢の敗退が相次ぐ (8時02分)

10月17日

杉田祐一 ストックホルム8強へ (22時42分)

【1ポイント速報】杉田vsトラヴァグリア (20時08分)

新感覚のテニスイベント開催 (19時48分)

大坂 9月のWTA最優秀選手に (17時00分)

前週Vの15歳ガウフ 初戦敗退 (15時33分)

ワウリンカ 熱戦制し初戦突破 (13時37分)

ディミトロフ敗退 西岡は8強 (12時47分)

5本MPしのぎ死闘制す (11時22分)

土居美咲 第2シードに逆転負け (10時50分)

10月16日

西岡良仁8強 第3シード撃破 (22時10分)

【1ポイント速報】西岡vsフリッツ (22時05分)

昨年覇者カサトキナ初戦敗退 (20時30分)

西岡「錦織は示してくれた」 (17時40分)

マレーやシュトルフが初戦突破 (16時02分)

メドヴェデフ 疲労で棄権 (10時40分)

杉田祐一と西岡良仁が初戦突破 (10時29分)

錦織 次週ウィーン大会を欠場 (1時17分)

10月15日

ペラ辛勝 熱戦制し初戦突破 (17時52分)

錦織9位 日本勢の世界ランク (16時57分)

第5シードのガリン初戦敗退 (16時17分)

ティプサレビッチが初戦突破 (15時49分)

錦織 9年間のコーチ関係解消へ (12時26分)

フェデラー 東京五輪「出たい」 (10時57分)

錦織 最終戦ランク12位へ後退 (10時23分)

杉田祐一 LLで本戦入り (10時01分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!