- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

不安視ナダル 奇跡起きるか

24日から開幕するテニスのグランドスラムである全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー)で前人未到10度目の優勝を狙うR・ナダル(スペイン)。しかし今年、これまでと違う状況で今大会に臨むナダルは不安視されている。

今季ナダルは、これまで好成績だったクレーコートシーズンで思うような結果を残す事が出来なかった。2月のブエノスアイレス大会で優勝を飾るも、全仏オープンの前哨戦であるモンテカルロ・マドリッド・ローマのマスターズ大会で、以前は少なくとも1大会は必ず優勝して全仏オープンに出場していたが、今年は前哨戦3大会で優勝を飾る事が出来なかった。

モンテカルロ・マスターズではこれまでとは違う黒塗りのラケットを使用。ナダルは準決勝でN・ジョコビッチ(セルビア)にストレートで敗れるも、手応えを感じていた。

その後、マドリッド・マスターズでは絶好調とも言える状態で決勝へ。かつての力を取り戻したかのように見えた。

しかし、決勝A・マレー(英国)戦でのナダルは違った。得意のフォアハンドが3メートルほどアウト、普段ではミスを犯さないようなボールをネットにかけるなど、これまであまり見た事がないようなミスを連発。挽回しようとポイントをとるたびにガッツポーズをつくるなど自分を奮い立たせたが、反撃の策を見出すことが出来なかった。

ローマ・マスターズでは準々決勝でS・ワウリンカ(スイス)にストレートで敗れた。第1セットのタイブレークでリードしていたナダルだったが、タイブレークでは1本のミスからワウリンカに試合の主導権を与えてしまい、第2セットは一気に失速した。

クレーコートであればナダルは「負けない」というイメージが強かったが、今年は周りからの視線がこれまでと違う状況だ。

2005年に初出場してから昨年まで第4シード以上で出場していた全仏オープンに、今年は初となる第5シード以下での出場。

さらにマドリッド・マスターズ後に発表された世界ランキングで、2005年5月以来10年ぶりのトップ5転落となる7位となった。

ナダルが全仏オープンで唯一敗れたのは2009年で、その時はR・ソダーリン(スウェーデン)にまさかの敗戦を喫した。そのソダーリン戦以外は全て勝利しており、全仏オープンの通算成績を66勝1敗としている。

今回は第5シード以下で出場するため、念願の生涯グランドスラム達成(全豪・全仏・全英・全米の四大大会全てで優勝)を狙うジョコビッチ、永遠のライバルR・フェデラー(スイス)、マレー、さらに日本のエース錦織圭(日本)ら強豪と早いラウンドで対戦する可能性がある。

全仏オープンだけで9度の優勝、グランドスラムで14度のタイトル獲得、さらに2008年の北京オリンピックでは金メダルを獲得しており、現役選手でゴールデンスラムを唯一達成しているのがナダル。

戦い方を知り尽くしている赤土のコートで、ナダルに奇跡は起きるのか。


■関連ニュース■ 

・ナダル 過去最悪の状態で全仏
・ナダル 10年ぶりトップ5転落
・ナダル欠場「この状況受け入れる」


■最新ニュース■ 

・錦織 全仏前に得たもの
・フェデラー「ジョコ強すぎた」
・ジョコビッチ 錦織戦で雄叫び
(2015年5月21日18時09分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!