- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織 チャンの伝説試合「凄い」

テニスのグランドスラムである全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー)は31日、四大大会初優勝を狙う第5シードの錦織圭(日本)が全仏初の準々決勝進出を果たした。さらに、日本男子で1933年の同大会でベスト8進出した佐藤次郎(日本)以来となる82年ぶりの快挙を達成。その錦織が、コーチであるM・チャン(アメリカ)の伝説試合について話した。

1989年の全仏オープンで、チャンは17歳3カ月でグランドスラム初のタイトルを獲得。チャンの優勝は男子シングルスのグランドスラム最年少優勝記録で、この記録は未だ破られていない。

当時の全仏オープン4回戦で対戦したI・レンドル(アメリカ)との1戦は、現在も語り継がれるほどの伝説的な試合だった。

ファイナルセット、チャンは足の痙攣に襲われて棒立ち状態でストロークを打つ状態に。そして第8ゲームの15-30、自らのサービスゲームでチャンは伝説のサービスを放つ。

通常、テニスのサービスは上から打つため、リターンする選手は後方へ下がる。だが、チャンはこの場面で下から打つアンダーサービスを放った。これにはレンドルだけでなく、会場全体も驚きを隠せなかった。

錦織は「何回も観ました。フレンチ(全仏オープン)が始まる前に(チャンの過去の全仏オープンについて)少し話したばかりだった。内容は忘れましたけど笑」と、話した。

アンダーサービスについて、チャンに試合中するよう指導されているかと聞かれた錦織は「これ(アンダーサービス)をしろと言われたことはないです。」と、錦織。

加えて「切羽詰まった時に、こういう決断が出来るのは凄い。」と、コーチであるチャンをリスペクトしていた。

グランドスラム初優勝を狙う錦織は、準々決勝で相性の良い第14シードの地元JW・ツォンガ(フランス)と対戦する。ツォンガとは今回が通算6度目の対戦で、錦織は対ツォンガ戦を4勝1敗と勝ち越している。

(コメントはWOWOWから抜粋)

>>全仏オープン男子ドロー表<<

【錦織圭 全仏オープン戦歴】

<2014年>
・1回戦 敗退 M・クリザン(スロバキア) 6-7 (4-7), 1-6, 2-6

<2013年>
・1回戦 勝利 J・レヴィン(アメリカ) 6-3, 6-2, 6-0
・2回戦 勝利 G・ゼミヤ(スロベニア) 6-1, 5-7, 6-1, 6-4
・3回戦 勝利 B・ペール(フランス) 6-3, 6-7 (3-7), 6-4, 6-1
・4回戦 敗退 R・ナダル(スペイン) 4-6, 1-6, 3-6

<2011年>
・1回戦 勝利 ルー・イェンスン(台湾) 6-1, 6-3, 6-4
・2回戦 敗退 S・スタコフスキ(ウクライナ) 1-6, 6-3, 3-6, 6-7 (3-7)

<2010年>
・1回戦 勝利 S・ヒラルド(コロンビア) 2-6, 4-6, 7-6 (7-3), 6-2, 6-4
・2回戦 敗退 N・ジョコビッチ(セルビア) 1-6, 4-6, 4-6

<2008年>
・予選1回戦 勝利 J・M・アラングレン(アルゼンチン) 1-6, 6-3, 6-2
・予選2回戦 敗退 S・グロイル(ドイツ) 2-6, 5-7




■関連ニュース■ 

・錦織コーチ チャンの伝説試合
・錦織「優勝なくはない」
・錦織 相性良いツォンガを注意


■最新ニュース■ 

・錦織 ラケット10.11本を準備
・錦織 82年ぶりの快挙
・快挙達成の錦織「嬉しい」
(2015年6月1日13時05分)

その他のニュース

10月21日

ティーム 初戦ツォンガと激突 (14時32分)

バイン氏 今季で関係解消へ (13時10分)

大坂3位 21日付の世界ランク (11時22分)

錦織 世界ランク8位へ浮上 (9時31分)

マレー復活「最大の勝利」 (8時40分)

20歳シャポバロフ 悲願の初V (7時30分)

元王者マレー復帰後ツアー初V (1時49分)

【1ポイント速報】マレーvsワウリンカ (1時41分)

10月20日

内山靖崇 寧波チャレンジャーV (17時56分)

杉田祐一 敗退も4強に手応え (17時39分)

10代ペアが今季2勝目 (14時52分)

ワウリンカ「自信ついた」 (14時52分)

杉田を撃破「大変だった」 (11時47分)

マレー ワウリンカとの決勝へ (11時42分)

WTA最終戦 最後の1人確定 (11時39分)

ルブレフ「とてつもなく幸せ」 (11時34分)

マレー決勝へ 復帰後初V王手 (2時37分)

杉田祐一 決勝進出ならず (2時01分)

【1ポイント速報】杉田vsシャポバロフ (1時58分)

10月19日

内山 決勝進出でTOP100確定 (20時34分)

4度目の4強 ハチャノフ撃破 (17時00分)

「残念」プイユが今季終了へ (13時57分)

昨年Vゲルゲス 逆転で4強 (13時55分)

杉田祐一4強「感動的な試合」 (11時50分)

チリッチ 熱戦制し4強へ進出 (11時36分)

ワウリンカ4強 シモン撃破 (11時33分)

マレー 復帰後初の4強進出 (9時38分)

杉田祐一 死闘制し4強入り (7時40分)

10月18日

西岡良仁、今季初の4強ならず (22時26分)

【1ポイント速報】西岡vsクライノビッチ (20時56分)

大坂のイベントが開催決定 (19時50分)

第1シードスイトリナ 初戦敗退 (18時17分)

チリッチ 通算500勝達成 (17時23分)

マレー8強「気分良い」 (14時28分)

杉田祐一8強「戻ってきた」 (11時35分)

シード勢の敗退が相次ぐ (8時02分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!