- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織「優勝なくはない」

テニスのグランドスラムである全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー)は31日、男子シングルス4回戦が行われ、四大大会初優勝を狙う第5シードの錦織圭(日本)が快挙を達成した。全仏オープン初の準々決勝進出を果たすと同時に、日本男子で1933年の同大会でベスト8進出した佐藤次郎(日本)以来となる82年ぶりベスト8入りを達成。この日は世界ランク74位T・ガバシュビリ(ロシア)に6-3, 6-4, 6-2のストレート勝ち。

2013年の全仏オープン4回戦でR・ナダル(スペイン)の誕生日に完敗した錦織。それから2年が経ち、快挙を達成するまでの選手に成長した。

「新しくどんどん歴史を作れることは自分のモチベーションにもなるので、まだまだこれからだと思います。」

31日のパリは雨のため、試合開始が遅れた今回の4回戦。試合中も小雨が降るなど「球もすごく重く、いつもとは少し違った環境でした。」と錦織が話すほど厳しい状況ではあったが、4回戦では世界ランク5位の力を見せつけた。

これまでキャップを被っていたが、この日はハチマキを頭に巻いて、第2のセンターコートであるスザンヌ・ランランに登場した錦織。

30歳のガバシュビリは、1回戦で第11シードのF・ロペス(スペイン)を破って勢いに乗った。錦織との4回戦まで自身のサービスゲームではわずか1ブレークしかされていなく、全試合ストレート勝ちで16強入りを果たしていた。

今大会好調のガバシュビリに対して、この日の錦織は定評のあるバックハンドに加え、フォアハンドが火を吹き、ショートクロス、ストレート、全てが完璧に近かった。ウィナーの数は40本を記録。

さらにベースライン後方からのフォアハンドのパッシングショットを決めるなどで会場を盛り上げた。

またリターンも冴え渡り、ガバシュビリの強烈サービスを攻略した錦織は、16度握ったチャンスから5度のブレークに成功した。

メンタル面も安定しており、第1セット終了後は雨が降り出したため、数分間の中断。会場からブーイングが起きるも、錦織は集中力を切らすことなく戦い切った。

対照的にガバシュビリはミスを犯すとラケット投げるなど、自ら集中を欠いていた。

グランドスラム初のタイトル獲得を狙う錦織は、準々決勝で第14シードのJW・ツォンガ(フランス)と激突する。ツォンガは地元フランスというアドバンテージがある。

「優勝の可能性はなくはないと思っています。」と、四大大会初優勝への手応えを感じている錦織。

錦織とツォンガの準々決勝は、大会10日目の6月2日を予定している。

(コメントはWOWOWから抜粋)

>>全仏オープン男子ドロー表<<

【錦織圭 全仏オープン戦歴】

<2014年>
・1回戦 敗退 M・クリザン(スロバキア) 6-7 (4-7), 1-6, 2-6

<2013年>
・1回戦 勝利 J・レヴィン(アメリカ) 6-3, 6-2, 6-0
・2回戦 勝利 G・ゼミヤ(スロベニア) 6-1, 5-7, 6-1, 6-4
・3回戦 勝利 B・ペール(フランス) 6-3, 6-7 (3-7), 6-4, 6-1
・4回戦 敗退 R・ナダル 4-6, 1-6, 3-6

<2011年>
・1回戦 勝利 ルー・イェンスン(台湾) 6-1, 6-3, 6-4
・2回戦 敗退 S・スタコフスキ(ウクライナ) 1-6, 6-3, 3-6, 6-7 (3-7)

<2010年>
・1回戦 勝利 S・ヒラルド(コロンビア) 2-6, 4-6, 7-6 (7-3), 6-2, 6-4
・2回戦 敗退 N・ジョコビッチ(セルビア) 1-6, 4-6, 4-6

<2008年>
・予選1回戦 勝利 J・M・アラングレン(アルゼンチン) 1-6, 6-3, 6-2
・予選2回戦 敗退 S・グロイル(ドイツ) 2-6, 5-7

ウィンブルドンタオル


■関連ニュース■ 

・快挙達成の錦織「嬉しい」
・ツォンガ 4回戦勝てば錦織か
・錦織が引き寄せた3つの運


■最新ニュース■ 

・台風の目ソック、ナダル戦へ
・ジョコ戦へ前進のナダル
・全仏無冠ジョコ 初Vへ前進
(2015年6月1日2時48分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

2月27日

シャラポワが現役引退へ (0時55分)

2月26日

新SPEED 発売間近 (18時11分)

270位が 第1シード破る金星 (17時58分)

【告知】ナダルvsキツマノビッチ (17時09分)

MP7本凌ぎ元世界1位撃破 (15時02分)

昨年Vキリオスが途中棄権 (14時21分)

ナダル 快勝で5度目の初戦突破 (13時16分)

ジョコ BIG3は「仲がいい」 (12時34分)

デ杯 無観客試合で開催へ (11時35分)

【1ポイント速報】ナダル、キリオスら (11時31分)

チリッチ破り2回戦へ MP4本凌ぐ (10時51分)

ダニエル太郎 熱戦の末に敗退 (9時16分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsクォン (7時07分)

エース35本決め激闘制す (7時01分)

西岡良仁 ドバイ初戦敗退 (0時04分)

2月25日

【1ポイント速報】内山、西岡 (22時45分)

内山靖崇が勝利 モンフィス戦へ (20時59分)

15歳ガウフ 自己最高49位を記録 (17時29分)

18歳が世界7位を撃破 (17時27分)

初戦突破で今季10連勝 (17時20分)

日本限定モデルが発売へ (14時21分)

ダニエル太郎 LLで本戦入り (12時36分)

錦織31位 西岡は最高位を更新 (12時15分)

日比野 アカプルコ初戦突破 (11時52分)

大坂10位 24日付世界ランク (11時30分)

ジョコビッチ 完勝で初戦突破 (11時08分)

2月24日

西岡良仁「少し見失った」 (17時43分)

ガリン 予選勝者に苦戦もV (17時26分)

チチパス連覇「とても満足」 (17時12分)

錦織 世界ランク31位へ後退 (10時19分)

西岡良仁 自己最高48位へ (10時03分)

西岡 デルレイビーチVならず (7時48分)

【1ポイント速報】西岡vsオペルカ (7時45分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!