- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織が引き寄せた3つの運

テニスのグランドスラムである全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー)で、四大大会初優勝を狙う第5シードの錦織圭(日本)が、大会1番乗り2年ぶりの16強入りを果たした。今回のベスト16進出、錦織の実力はもちろんだが、3つの運も引き寄せていた。

【運1:組み合わせ】
22日に発表された組み合わせ抽選で、会場がどよめいた。

それは第1シードで王者N・ジョコビッチ(セルビア)と、全仏オープンで最多9度の優勝を誇る第6シードのR・ナダル(スペイン)が死のブロックである上半分トップハーフの組み合わせになったからである。

それとは対照的に錦織は真反対の下半分ボトムハーフへ。

また上位勢が順当に勝ち進んだ場合、BIG4と呼ばれるジョコビッチ、R・フェデラー(スイス)、ナダル、A・マレー(英国)とは準決勝まで対戦する事がない。


【運2:同ブロックのシード勢が姿消す】
ボトムハーフに位置した錦織の同ブロックシード勢が次々と敗れた。

第11シードのF・ロペス(スペイン)は初戦敗退、第19シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)と第32シードのF・ベルダスコ(スペイン)は2回戦敗退。

これにより、錦織は準々決勝までシード選手と対戦する事がなくなった。


【運3:ベッカーの棄権】
1回戦で地元P・H・マチュー(フランス)、2回戦でT・ベルッチ(ブラジル)にストレート勝ちをおさめた錦織は、3回戦でB・ベッカー(ドイツ)と対戦する予定だった。

しかし、ベッカーの右肩負傷により、錦織は思わぬ形でベスト16進出を果たした。

大会初のベスト8進出をかけて錦織は、世界ランク43位L・ロソル(チェコ共和国)と同74位T・ガバシュビリ(ロシア)の勝者と4回戦で対戦する。この4回戦は、大会8日目の31日を予定。

>>全仏オープン男子ドロー表<<

【錦織圭 全仏オープン戦歴】

<2014年>
・1回戦 敗退 M・クリザン(スロバキア) 6-7 (4-7), 1-6, 2-6

<2013年>
・1回戦 勝利 J・レヴィン(アメリカ) 6-3, 6-2, 6-0
・2回戦 勝利 G・ゼミヤ(スロベニア) 6-1, 5-7, 6-1, 6-4
・3回戦 勝利 B・ペール(フランス) 6-3, 6-7 (3-7), 6-4, 6-1
・4回戦 敗退 R・ナダル 4-6, 1-6, 3-6

<2011年>
・1回戦 勝利 ルー・イェンスン(台湾) 6-1, 6-3, 6-4
・2回戦 敗退 S・スタコフスキ(ウクライナ) 1-6, 6-3, 3-6, 6-7 (3-7)

<2010年>
・1回戦 勝利 S・ヒラルド(コロンビア) 2-6, 4-6, 7-6 (7-3), 6-2, 6-4
・2回戦 敗退 N・ジョコビッチ 1-6, 4-6, 4-6

<2008年>
・予選1回戦 勝利 J・M・アラングレン(アルゼンチン) 1-6, 6-3, 6-2
・予選2回戦 敗退 S・グロイル(ドイツ) 2-6, 5-7


■関連ニュース■ 

・死のブロック ジョコとナダル
・1番乗りの錦織 初8強狙う
・錦織 あり得るフェデラー戦


■最新ニュース■ 

・最後は雄叫び ソック爆発
・苛立つも、マレー12連勝へ
・18歳コリッチ シード撃破
(2015年5月29日10時01分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!