- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

18歳コリッチ シード撃破

テニスのグランドスラムである全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー)は28日、男子シングルス2回戦が行われ、ノーシードの18歳B・コリッチ(クロアチア)がシードダウンを演出した。第18シードのT・ロブレド(スペイン)を7-5, 3-6, 6-2, 4-6, 6-4の大激闘の末に下し、四大大会初の3回戦進出。この日はコリッチら若手の活躍が光った。

今年のドバイ大会でコリッチは、今季好調のA・マレー(英国)から勝利をあげている。

ガッツあるプレーに加え、ストロークの精度も高く、今後トップに上がってくる素質は十分にあるコリッチ。

28日は、19歳T・コキナキス(オーストラリア)も2セットダウンからの大逆転勝利をおさめている。

ジュニア時代からコリッチは、コキナキス、N・キリオス(オーストラリア)西岡良仁(日本)A・ルブレフ(ロシア)らと世界のトップを目指してきた。

この日は持ち前のガッツ溢れるプレーで、ベテランのロブレドをねじ伏せた。

64本もの凡ミスを犯すロブレドの隙をつき、15度あったブレークチャンスから8度のブレークに成功。

勝敗がかかるファイナルセットでは、終盤でバックハンドのリターンエースを決めるなど、ロブレドにプレッシャーをかけ続けた。最後はロブレドのフォアハンドがアウトし、激闘に幕が下りた。勝利の瞬間、コリッチは陣営に向かい大きなガッツポーズ、喜びを爆発させた。

トータルポイントはコリッチの153に対してロブレドは151と僅差だった。

グランドスラム初の4回戦進出を狙うコリッチは、3回戦でJ・ソック(アメリカ)P・カレノ=ブスタ(スペイン)の勝者と対戦する。22歳のソックは、1回戦で第10シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)をストレートで破り、勢いに乗っている。

一方、敗れたロブレドは試合後、コリッチに主審への握手を先にさせる紳士さを見せた。

33歳のロブレドは元世界ランク5位の実力者。クレーコートでのプレーを得意としており、美しい片手バックハンドと、スピンが効いたフォアハンドが特徴的。2013年の全仏オープンでは3試合連続の2セットダウンからの大逆転勝利おさめ、ベスト8進出を果たしていた。

>>全仏オープン男子ドロー表<<


■関連ニュース■ 

・コリッチ「幸運が転がり込んだ」
・ソックがシードダウン演出
・大ピンチしのいで大逆転勝利


■最新ニュース■ 

・1番乗りの錦織 初8強狙う
・大ピンチしのいで大逆転勝利
・錦織 試合後レンズに「圭」
(2015年5月29日3時05分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!