- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

大ピンチしのいで大逆転勝利

テニスのグランドスラムである全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー)は28日、男子シングルス2回戦が行われ、ノーシードの19歳T・コキナキス(オーストラリア)が第27シードのB・トミック(オーストラリア)に3-6, 3-6, 6-3, 6-4, 8-6の大逆転勝ち。2セットダウンから勝利をおさめたコキナキスは、四大大会初の3回戦進出を果たした。

ジュニア時代からN・キリオス(オーストラリア)、B・コリッチ、西岡良仁(日本)A・ルブレフ(ロシア)らと切磋琢磨してきたコキナキスは、この日2本のマッチポイントをしのいでの大逆転勝利だった。勝利の瞬間、コートへ倒れ込み喜びを爆発。

これまでは昨年と今年の全豪オープン2回戦進出がグランドスラム自己最高成績だったが、今回自身の記録を更新した。

今大会前は下部大会であるフランスのチャレンジャー大会で優勝を飾り、全仏オープンへ出場。1回戦ではN・バシラシヴィリ(グルジア)を逆転で破り2回戦進出。

この日の2回戦、コキナキスは19本のサービスエースを決めた。凡ミスは61本も犯すも、71本のウィナーを放ち、トミックを撃破した。

3回戦でコキナキスは、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)G・ミュラー(ルクセンブルグ)の勝者と対戦する。

一方、敗れたトミックは、悔しい大逆転負けを喫した。2011年のウィンブルドンでは予選から出場してベスト8へ進出している。22歳のトミックは、これまでツアー2勝、自己最高ランクは現在の26位である。

>>全仏オープン男子ドロー表<<


■関連ニュース■ 

・コキナキス 元10位破り初4回戦
・地元期待18歳 第11シード破る
・コキナキス 健闘するも敗れる


■最新ニュース■ 

・1番乗りの錦織 初8強狙う
・フェデラー事件 大会に怒り
・錦織 試合後レンズに「圭」
(2015年5月28日23時38分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!