- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ジョコ戦へ前進のナダル

テニスのグランドスラムである全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー)は30日、男子シングルス3回戦が行われ、大会前に不調と囁かれていた第6シードのR・ナダル(スペイン)が力を取り戻してきた。24歳のA・クズネツォフ(ロシア)に6-1, 6-3, 6-2のストレート勝ち。ナダルは危なげなく6年連続のベスト16進出を決めている。

以前は少なくともマスターズ1大会で優勝して全仏入りしていたが、今年は前哨戦3大会無冠で臨んでいるため、「ナダル伝説に終止符」と囁かれていた。

しかし、今大会では不調を払拭するプレーを披露。1回戦から全てストレート勝ちをおさめ、得意のフォアハンドが火を吹いている。

この日はウィナーの数が33本、さらにクズネツォフのサービスゲームでは14度のブレークチャンスから8度のブレークに成功。マッチポイントでは、最後ナダルがバックハンドのウィナーを決めて16強入りを決めた。

ベスト8進出をかけてナダルは、4回戦で快進撃を続けているノーシードの22歳J・ソック(アメリカ)の挑戦を受ける。

ソックは1回戦で第10シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)をストレートで破り勢いに乗ると、2回戦でP・カレノ=ブスタ(スペイン)、3回戦で18歳B・コリッチ(クロアチア)を下して、グランドスラム初の4回戦進出を決めた。今大会、台風の目となっているソックは脅威。

ナダルが、ソックの強力なフォアハンド・サービスにどう対抗するかに注目が集まる。

またナダルが4回戦突破を決めた場合、準々決勝で第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と第20シードの地元R・ガスケ(フランス)の勝者と対戦する。

大会開幕から話題になっているのが、ナダルとジョコビッチの準々決勝。両者は過去43度対戦しており、全仏オープンだけでも6度顔を合わせている。同大会だけで見るとナダルが6戦全勝。

>>全仏オープン男子ドロー表<<




■関連ニュース■ 

・台風の目ソック、ナダル戦へ
・死のブロック ジョコとナダル
・不安視ナダル 奇跡起きるか


■最新ニュース■ 

・錦織 ガバ戦は第2試合
・ガバ、錦織は「長く続かない」
・錦織が警戒「とても攻撃的」
(2015年5月31日6時38分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!