- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

全仏無冠ジョコ 初Vへ前進

テニスのグランドスラムである全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー)は30日、男子シングルス3回戦が行われ、悲願の全仏制覇を狙う第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が初優勝に向けへ一歩前進した。この日はノーシードの19歳T・コキナキス(オーストラリア)に6-4, 6-4, 6-4のストレート勝ち。ジョコビッチは四大大会で全仏オープンだけタイトル獲得に手が届いていない。

生涯グランドスラム(全豪・全仏・全英・全米の四大大会全てで優勝)達成を狙うジョコビッチは、1・2回戦でオレンジのウエアを着用していたが、30日の3回戦ではホワイトのウエアに身を包んだ。

2回戦で第27シードのB・トミック(オーストラリア)に2セットダウンからの大逆転勝利をおさめ、勢いに乗るコキナキスに対して、ジョコビッチは世界ランク1位の力を見せつけた。

ダブルフォルトは犯さず、ファーストサービスが入った時に84パーセントの高い確率でポイントを獲得。さらに34本のウィナーを決め、凡ミスを12本におさえた。浮いた球をぶっ叩いて主導権を握ったジョコビッチは、得意とするバックハンドのドロップショットを織り交ぜ、最後はサービスウィナーで試合を締めくくった。

4回戦でジョコビッチは、第20シードの地元R・ガスケ(フランス)と対戦する。

またジョコビッチがガスケに勝利してベスト8進出を決めた場合、準々決勝で第6シードのR・ナダル(スペイン)と快進撃を続ける今大会台風の目J・ソック(アメリカ)の勝者と顔を合わせる。

大会開幕から話題なのが、ジョコビッチとナダルの準々決勝。両者は過去43度対戦しており、全仏オープンだけでも6度顔を合わせている。同大会だけで見るとナダルが6戦全勝。

>>全仏オープン男子ドロー表<<




■関連ニュース■ 

・ジョコビッチ 錦織を称賛
・死のブロック ジョコとナダル
・台風の目ソック、ナダル戦へ


■最新ニュース■ 

・錦織 ガバ戦は第2試合
・ガバ、錦織は「長く続かない」
・錦織が警戒「とても攻撃的」
(2015年5月31日7時52分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!