- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

快挙達成の錦織「嬉しい」

テニスのグランドスラムである全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー)は31日、男子シングルス4回戦が行われ、四大大会初優勝を狙う第5シードの錦織圭(日本)が世界ランク74位のT・ガバシュビリ(ロシア)を6-3, 6-4, 6-2のストレートで下し、全仏オープン初の準々決勝進出を果たした。さらに、日本男子で1933年の同大会でベスト8進出した佐藤次郎(日本)以来となる82年ぶりベスト8入りの快挙を達成した。

試合後、錦織は「まず今日しっかり勝てたことは嬉しいです。ベスト8に入ることは目標でしたし、ここからよりタフな戦いになるのでまた頑張ります。」と喜びを語った。

日本男子で82年ぶりベスト8入りの快挙を達成したことについては「新しくどんどん歴史を作れることは自分のモチベーションにもなるので、まだまだこれからだと思います。」とコメント。

ガバシュビリ戦については「雨で待機もありましたし、強い風と雨も降っていたので球もすごく重く、いつもとは少し違った環境でした。少し自分のプレーも変えながらやれたと思います。」と振り返った。

大会初のベスト4進出をかけて錦織は、準々決勝で第4シードのT・ベルディヒ(チェコ共和国)と第14シードのJW・ツォンガ(フランス)の勝者と対戦する。

次戦については「明日しっかり休んで調整して次の試合に向けてしっかり準備したいです。」と意気込みを語った。

今回錦織がベスト8進出を果たしたのは日本勢では5度目のことで、佐藤次郎が1931年と33年に2度、女子では沢松和子が1975年に8強入り。さらにクルム伊達公子(日本)が1995年に準決勝進出している。

今季のクレーコートシーズンで錦織は、バルセロナ大会でクレー初2連覇、昨年準優勝のマドリッド・マスターズでは好調A・マレー(英国)に敗れるもベスト4進出。そしてローマ・マスターズでは王者N・ジョコビッチ(セルビア)に敗れるも善戦を繰り広げ、今年は昨年より良い状態で全仏オープンを迎えている。

一方、敗れたガバシュビリは、今大会の1回戦で第11シードのF・ロペス(スペイン)を破ると、2回戦でJ・モナコ(アルゼンチン)、3回戦でL・ロソル(チェコ共和国)をストレートで下し、ここまで1セットも落とさずに錦織との4回戦に駒を進めていたが、世界ランク5位の錦織を撃破してグランドスラム初のベスト8進出とはならなかった。


【錦織圭 全仏オープン戦歴】

<2014年>
・1回戦 敗退 M・クリザン(スロバキア) 6-7 (4-7), 1-6, 2-6

<2013年>
・1回戦 勝利 J・レヴィン(アメリカ) 6-3, 6-2, 6-0
・2回戦 勝利 G・ゼミヤ(スロベニア) 6-1, 5-7, 6-1, 6-4
・3回戦 勝利 B・ペール(フランス) 6-3, 6-7 (3-7), 6-4, 6-1
・4回戦 敗退 R・ナダル(スペイン) 4-6, 1-6, 3-6

<2011年>
・1回戦 勝利 ルー・イェンスン(台湾) 6-1, 6-3, 6-4
・2回戦 敗退 S・スタコフスキ(ウクライナ) 1-6, 6-3, 3-6, 6-7 (3-7)

<2010年>
・1回戦 勝利 S・ヒラルド(コロンビア) 2-6, 4-6, 7-6 (7-3), 6-2, 6-4
・2回戦 敗退 N・ジョコビッチ 1-6, 4-6, 4-6

<2008年>
・予選1回戦 勝利 J・M・アラングレン 1-6, 6-3, 6-2
・予選2回戦 敗退 S・グロイル(ドイツ) 2-6, 5-7

(コメントはWOWOWから抜粋)

>>全仏オープン男子ドロー表

ウィンブルドンタオル


■関連ニュース■ 

・錦織 82年ぶりの快挙
・ガバ、錦織は「長く続かない」
・錦織 勝てば相性良い2選手



■最新ニュース■ 

・初8強の壁は王者ジョコ
・負傷キリオス 全英へ「準備」
・自画自賛マレー「過去最高」
(2015年6月1日1時13分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

10月18日

西岡良仁、今季初の4強ならず (22時26分)

【1ポイント速報】西岡vsクライノビッチ (20時56分)

大坂のイベントが開催決定 (19時50分)

第1シードスイトリナ 初戦敗退 (18時17分)

チリッチ 通算500勝達成 (17時23分)

マレー8強「気分良い」 (14時28分)

杉田祐一8強「戻ってきた」 (11時35分)

シード勢の敗退が相次ぐ (8時02分)

10月17日

杉田祐一 ストックホルム8強へ (22時42分)

【1ポイント速報】杉田vsトラヴァグリア (20時08分)

新感覚のテニスイベント開催 (19時48分)

大坂 9月のWTA最優秀選手に (17時00分)

前週Vの15歳ガウフ 初戦敗退 (15時33分)

ワウリンカ 熱戦制し初戦突破 (13時37分)

ディミトロフ敗退 西岡は8強 (12時47分)

5本MPしのぎ死闘制す (11時22分)

土居美咲 第2シードに逆転負け (10時50分)

10月16日

西岡良仁8強 第3シード撃破 (22時10分)

【1ポイント速報】西岡vsフリッツ (22時05分)

昨年覇者カサトキナ初戦敗退 (20時30分)

西岡「錦織は示してくれた」 (17時40分)

マレーやシュトルフが初戦突破 (16時02分)

メドヴェデフ 疲労で棄権 (10時40分)

杉田祐一と西岡良仁が初戦突破 (10時29分)

錦織 次週ウィーン大会を欠場 (1時17分)

10月15日

ペラ辛勝 熱戦制し初戦突破 (17時52分)

錦織9位 日本勢の世界ランク (16時57分)

第5シードのガリン初戦敗退 (16時17分)

ティプサレビッチが初戦突破 (15時49分)

錦織 9年間のコーチ関係解消へ (12時26分)

フェデラー 東京五輪「出たい」 (10時57分)

錦織 最終戦ランク12位へ後退 (10時23分)

杉田祐一 LLで本戦入り (10時01分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!