- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

大健闘 錦織に奇跡起きず

テニスのグランドスラムである全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー)は2日、男子シングルス準々決勝が行われ、四大大会初優勝を狙っていた第5シード錦織圭(日本)はアウェー戦で大健闘するも、最後、奇跡は起きなかった。地元の大声援を一身に受ける第14シードのJW・ツォンガ(フランス)に1-6, 4-6, 6-4, 6-3, 3-6の激闘の末に敗退。日本男子で1933年以来となる82年ぶりのベスト4入りとはならなかった。

2セットダウンから2セットオールに追いつき、これまで相性の良かったツォンガに対して、ファイナルセットでは錦織に試合の流れが傾くかと思われた。

4回戦からハチマキを巻いていた錦織は、準々決勝でもハチマキ姿で登場。強風が吹く中で始まった錦織とツォンガの1戦。今大会好調の錦織だったが、ツォンガ戦では別人だった。

センターコートのフィリップ・シャトリエはツォンガへの大歓声。錦織は完全なアウェーの状況に加え、第1・2セットでは明らかに身体が硬く、ミスを連発。

ポイント間で足を動かし、ツォンガの強力なフォアハンドを封じようとバックハンドへボールを集めて、なんとか反撃の糸口を見つけようとするが、全てと言っていいほど上手くいかなかった。

チャンスボールを叩いてもことごとく拾われ、最後は錦織がミス。前に出てツォンガにプレッシャーをかけようとするもネット。流れを変えようとドロップショットを放つも決まらない。

ファーストサービスの入る確率も低く、サービスゲームでリズム乗れないことが影響して、第1セットではサービスキープすら出来なかった。さらに錦織は、伸びのあるフォアハンドを打つツォンガの球威におされた。

第1セットの第4ゲームで審判に抗議、第2セットの第6ゲームではラケットを投げつけた錦織は、ブーイングを浴びた。

対照的にツォンガはサービスエースを決めるなどで勢いに乗り、笑顔が出るほどの余裕。ホームでの戦いを楽しんでいるようだった。

この絶体絶命だった状況の中、第2セットの第7ゲームを終えた時点で、観客席に金属片が落ちて、観客が怪我を負うハプニングが起きた。

30分以上の中断が挟まるも、試合が再開。ここから錦織の逆襲が始まる。

冷静さを取り戻したのか、それまでキレがなかったショットに伸びが出て、ラリー戦になればポイントは錦織。いつの間にか試合は錦織ペースになり、セットカウントは2−2。ツォンガに対する観客の声援も少なくなり、錦織は会場の空気を自分のものにした。

勝負のファイナルセット、第4ゲーム、錦織のサービスゲームで試合が動く。

40-15と錦織がゲームポイントを握るも、ダブルフォルトを犯したことが影響してツォンガに痛恨のブレークを許す。ここからツォンガと観客はさらに加速するのに対し、錦織は反撃を見出せずに敗れた。

試合を通して錦織は52本の凡ミス、6本のダブルフォルト。トータルポイントはツォンガ149、錦織129。また、ツォンガの強烈なファーストサービスが入った時には83パーセントの高い確率でポイントをとられ、44本のウィナーを決められた。

敗れはしたものの、今年の錦織は結果を残している。全豪オープンでベスト8へ進出。クレーコートシーズンでは、バルセロナ大会でクレー初2連覇、昨年準優勝のマドリッド・マスターズで4強入り。ローマ・マスターズでは王者N・ジョコビッチ(セルビア)が雄叫びをあげるほどの善戦。

全仏オープンが終わった錦織、これからは芝のシーズンへ突入する。4回戦が最高成績であるウィンブルドンで、錦織は再びグランドスラム初優勝へ挑戦する。

【錦織圭 全仏オープン戦歴】

<2015年>
・1回戦 勝利 P・H・マチュー(フランス) 6-3, 7-5, 6-1
・2回戦 勝利 T・ベルッチ(ブラジル) 7-5, 6-4, 6-4
・3回戦 勝利 B・ベッカー(ドイツ) 不戦勝
・4回戦 勝利 T・ガバシュビリ(ロシア) 6-3, 6-4, 6-2
・準々決勝 敗退 JW・ツォンガ 1-6, 4-6, 6-4, 6-3, 3-6

<2014年>
・1回戦 敗退 M・クリザン(スロバキア) 6-7 (4-7), 1-6, 2-6

<2013年>
・1回戦 勝利 J・レヴィン(アメリカ) 6-3, 6-2, 6-0
・2回戦 勝利 G・ゼミヤ(スロベニア) 6-1, 5-7, 6-1, 6-4
・3回戦 勝利 B・ペール(フランス) 6-3, 6-7 (3-7), 6-4, 6-1
・4回戦 敗退 R・ナダル(スペイン) 4-6, 1-6, 3-6

<2011年>
・1回戦 勝利 ルー・イェンスン(台湾) 6-1, 6-3, 6-4
・2回戦 敗退 S・スタコフスキ(ウクライナ) 1-6, 6-3, 3-6, 6-7 (3-7)

<2010年>
・1回戦 勝利 S・ヒラルド(コロンビア) 2-6, 4-6, 7-6 (7-3), 6-2, 6-4
・2回戦 敗退 N・ジョコビッチ 1-6, 4-6, 4-6

<2008年>
・予選1回戦 勝利 J・M・アラングレン(アルゼンチン) 1-6, 6-3, 6-2
・予選2回戦 敗退 S・グロイル(ドイツ) 2-6, 5-7

>>全仏オープン男子ドロー表<<






■関連ニュース■ 

・錦織 アウェー戦に屈する
・修造が錦織を祝福&絶賛
・ガバ、錦織は「長く続かない」


■最新ニュース■ 

・ジョコ ナダル戦「誰もが予想」
・ナダル「最も厳しい準々決勝」
・実現決定 ジョコvsナダル
(2015年6月3日5時27分)

その他のニュース

2月20日

フェデラー 右ひざを手術 (21時53分)

ジョコがファンと路上テニス (17時52分)

ハレプ MP凌ぎ逆転で8強へ (16時58分)

16歳アルカラス 8強ならず (15時48分)

二宮真琴組 惜敗で8強ならず (14時54分)

MP2本凌ぎ逆転で激闘制す (13時44分)

綿貫陽介 CH辛勝で3回戦へ (12時23分)

西岡良仁8強 完勝は「救い」 (11時33分)

快勝で8強入り 連覇へ前進 (10時50分)

西岡 準々決勝は18歳ナカシマ (8時50分)

西岡良仁 圧勝で5年ぶりの8強へ (5時29分)

2月19日

ウィルス影響 中国がデ杯欠場 (18時09分)

前週V 青山/柴原組は初戦敗退 (16時47分)

18歳シナー、メドヴェデフ戦へ (15時11分)

勝利で涙のソック「過酷だった」 (13時32分)

全豪女王が初戦敗退「失望」 (12時38分)

341位に苦戦もティーム勝利 (11時37分)

キリオス 手首負傷で棄権 (10時52分)

【中止】キリオスvsポール (9時21分)

2月18日

16歳新星、深夜3時の激闘制す (18時56分)

クレーで初のチャレンジ導入 (16時55分)

ガスケ撃破 21歳が熱戦制す (16時46分)

韓国クォン 逆転で初戦突破 (16時00分)

ナカシマ、ツアー本戦初勝利 (15時09分)

主審に激怒、荒れた試合展開に (12時26分)

二宮組 ハレプ組破り初戦突破 (11時45分)

元世界1位 現役復帰戦は黒星 (11時40分)

錦織30位 綿貫ジャンプアップ (11時02分)

西岡良仁 3年ぶりに初戦突破 (10時05分)

【1ポイント速報】西岡vsミルマン (8時10分)

内山 デルレイビーチ初戦敗退 (8時00分)

2月17日

膝の痛みでサングレン欠場へ (19時05分)

ティーム全豪は「地獄の2週間」 (18時05分)

チチパス 今季初Vと連覇狙う (17時02分)

青山/ 柴原V キャリア3勝目 (16時57分)

初Vエドモンド「大きな意味」 (15時13分)

完勝で2連覇「本当に幸せ」 (14時20分)

大坂なおみ 変わらず10位 (11時14分)

錦織 世界ランク30位へ後退 (9時26分)

綿貫陽介 決勝で敗れ準V (6時36分)

モンフィス連覇 2週連続V (6時14分)

21歳ルードがツアー初V (5時54分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!