- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【速報】錦織 アウェー戦に屈する

テニスのグランドスラムである全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー)は2日、男子シングルス準々決勝が行われ、四大大会初優勝を狙っていた第5シードの錦織圭(日本)は、これまで通算対戦成績で相性の良かった第14シードの地元JW・ツォンガ(フランス)に1-6, 4-6, 6-4, 6-3, 3-6のフルセットで敗れ、大会初、さらにグランドスラム2度目のベスト4進出とはならなかった。また、今回の準々決勝は錦織にとってアウェー戦となった。

地元ツォンガに熱い声援が集まる中、緊張からか身体の硬さが見られた錦織は、第1セットの第2ゲームでブレークを許してしまう。この流れを変えることが出来ず、1ブレーク返すも自身のサービスゲームすらキープ出来ずにこのセットをゲームカウント1−6で落とす。

第2セットの第3ゲームで、この試合初めてサービスゲームをキープした錦織だったが、これまでのプレーとは明らかに異なり、好調だったフォアハンド、バックハンドのミスが増え、ファーストサービスの調子も上がらなかった。

しかし、第2セットの中盤から徐々に調子を戻してきた錦織のウィナーが決まり始める。そして、勝ち急いでミスを連発するツォンガの隙をついて2セットダウンから2セットを奪い返し、勝敗をファイナルセットへと持ち込む。

ファイナルセットに入ると、息を吹き返したツォンガの猛攻で、錦織は試合の主導権をツォンガに奪われてしまい、2セットダウンからの大逆転勝利とはならなかった。

第2セットの第7ゲームを終えた時点で、強風により看板が落ちるアクシデントが起きて、一時中断となるハプニングがあった。

今回が6度目で、錦織はツォンガとの対戦成績を4勝2敗とした。

今大会で錦織は、ツォンガ戦までは1セットも落とさない安定したプレーで順当に勝ち上がってきていたが、準々決勝では地元の大声援を受け勢いのあるツォンガとのアウェー戦をものに出来ず、ベスト4を前に姿を消した。

今季のクレーコートシーズンで錦織は、バルセロナ大会でクレー初2連覇、昨年準優勝のマドリッド・マスターズでは、好調A・マレー(英国)に敗れるもベスト4進出。そしてローマ・マスターズでは王者N・ジョコビッチ(セルビア)に敗れるも善戦を繰り広げていた。

今年は昨年より良い状態で全仏オープンを迎えていたが、グランドスラム初のタイトル獲得は次回に持ち越しとなった。

勝利したツォンガは、過去の全仏オープンで2013年にR・フェデラー(スイス)を破ってベスト4進出を果たしており、今回は4回戦で第4シードのT・ベルディヒ(チェコ共和国)、準々決勝で第5シードの錦織と上位シードを撃破して2年ぶり2度目の4強入りを果たした。

ツォンガは第8シードのS・ワウリンカ(スイス)と準決勝で対戦する。

【錦織圭 全仏オープン戦歴】

<2015年>
・1回戦 勝利 P・H・マチュー(フランス) 6-3, 7-5, 6-1
・2回戦 勝利 T・ベルッチ(ブラジル) 7-5, 6-4, 6-4
・3回戦 勝利 B・ベッカー(ドイツ) 不戦勝
・4回戦 勝利 T・ガバシュビリ(ロシア) 6-3, 6-4, 6-2
・準々決勝 敗退 JW・ツォンガ 1-6, 4-6, 6-4, 6-3, 3-6

<2014年>
・1回戦 敗退 M・クリザン(スロバキア) 6-7 (4-7), 1-6, 2-6

<2013年>
・1回戦 勝利 J・レヴィン(アメリカ) 6-3, 6-2, 6-0
・2回戦 勝利 G・ゼミヤ(スロベニア) 6-1, 5-7, 6-1, 6-4
・3回戦 勝利 B・ペール(フランス) 6-3, 6-7 (3-7), 6-4, 6-1
・4回戦 敗退 R・ナダル(スペイン) 4-6, 1-6, 3-6

<2011年>
・1回戦 勝利 ルー・イェンスン(台湾) 6-1, 6-3, 6-4
・2回戦 敗退 S・スタコフスキ(ウクライナ) 1-6, 6-3, 3-6, 6-7 (3-7)

<2010年>
・1回戦 勝利 S・ヒラルド(コロンビア) 2-6, 4-6, 7-6 (7-3), 6-2, 6-4
・2回戦 敗退 N・ジョコビッチ 1-6, 4-6, 4-6

<2008年>
・予選1回戦 勝利 J・M・アラングレン(アルゼンチン) 1-6, 6-3, 6-2
・予選2回戦 敗退 S・グロイル(ドイツ) 2-6, 5-7

>>全仏オープンドロー表<<






■関連ニュース■ 

・錦織vsツォンガでハプニング
・錦織 チャンの伝説試合「凄い」
・快挙達成の錦織「嬉しい」


■最新ニュース■ 

・ナダル「最も厳しい準々決勝」
・ジョコ ナダル戦「誰もが予想」
・満足フェデラー「最高」
(2015年6月3日3時06分)

その他のニュース

10月21日

ティーム 初戦ツォンガと激突 (14時32分)

バイン氏 今季で関係解消へ (13時10分)

大坂3位 21日付の世界ランク (11時22分)

錦織 世界ランク8位へ浮上 (9時31分)

マレー復活「最大の勝利」 (8時40分)

20歳シャポバロフ 悲願の初V (7時30分)

元王者マレー復帰後ツアー初V (1時49分)

【1ポイント速報】マレーvsワウリンカ (1時41分)

10月20日

内山靖崇 寧波チャレンジャーV (17時56分)

杉田祐一 敗退も4強に手応え (17時39分)

10代ペアが今季2勝目 (14時52分)

ワウリンカ「自信ついた」 (14時52分)

杉田を撃破「大変だった」 (11時47分)

マレー ワウリンカとの決勝へ (11時42分)

WTA最終戦 最後の1人確定 (11時39分)

ルブレフ「とてつもなく幸せ」 (11時34分)

マレー決勝へ 復帰後初V王手 (2時37分)

杉田祐一 決勝進出ならず (2時01分)

【1ポイント速報】杉田vsシャポバロフ (1時58分)

10月19日

内山 決勝進出でTOP100確定 (20時34分)

4度目の4強 ハチャノフ撃破 (17時00分)

「残念」プイユが今季終了へ (13時57分)

昨年Vゲルゲス 逆転で4強 (13時55分)

杉田祐一4強「感動的な試合」 (11時50分)

チリッチ 熱戦制し4強へ進出 (11時36分)

ワウリンカ4強 シモン撃破 (11時33分)

マレー 復帰後初の4強進出 (9時38分)

杉田祐一 死闘制し4強入り (7時40分)

10月18日

西岡良仁、今季初の4強ならず (22時26分)

【1ポイント速報】西岡vsクライノビッチ (20時56分)

大坂のイベントが開催決定 (19時50分)

第1シードスイトリナ 初戦敗退 (18時17分)

チリッチ 通算500勝達成 (17時23分)

マレー8強「気分良い」 (14時28分)

杉田祐一8強「戻ってきた」 (11時35分)

シード勢の敗退が相次ぐ (8時02分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!