- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

落胆ナダル 自信喪失か

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は2日、男子シングルス2回戦が行われ、元世界ランク1位で第10シードのR・ナダル(スペイン)は予選勝者で世界ランク102位のD・ブラウン(ドイツ)に5-7, 6-3, 4-6, 4-6で敗れる波乱に見舞われ、4年連続で上位進出を阻まれた。

2006年から2011年(2009年の欠場を除く)まで決勝戦に進んでいたナダル。しかし2012年からは世界ランク100位台の選手に敗れており、今年もそれが起きてしまった。

「これで終わってしまうのではない。もちろん、悲しい瞬間ではあるが、これからも人生は続く。テニス人生もね。」と、ナダルは複雑な想いを語った。

コーチで叔父のトニー・ナダルは、この日のナダルのプレーについて「本当に悪いプレーをしていた。ショットも悪かったし、何よりもフォアハンドが最悪だった。」と、素直な感想を述べた。

ナダルはこれまで14度のグランドスラム優勝を飾っている。これはP・サンプラス(アメリカ)に並ぶ歴代2位の優勝回数で、四大大会最多優勝はR・フェデラー(スイス)の17度。

昨年、右手首の怪我と虫垂炎の手術でツアーから離脱して以来、ナダルはテニスへの自信について語ることが多くなっていた。

5連覇中だった全仏オープンで、今年は準々決勝でN・ジョコビッチ(セルビア)に敗れた。さらに、大会後に発表された世界ランクで10年ぶりとなる10位へと大きく後退。

ウィンブルドンでの歴史を振り返ると、ナダルは2006・2007年の決勝戦でフェデラーに敗退。2008年はフェデラーをフルセットの末に下して大会初優勝を飾った。2009年は膝の怪我で欠場、2010年には再び優勝を飾り、2011年はジョコビッチに敗れ準優勝。

その後、2012年は2回戦で当時世界ランク100位のL・ロソル(チェコ共和国)、2013年は1回戦で同135位のS・ダルシス(ベルギー)、そして昨年は4回戦で同144位のN・キリオス(オーストラリア)に敗れた。

「またあのレベルに戻れるか、自分でもわからない。」とナダルも、現状を受け入れざるを得なかった。

試合後の記者会見でナダルは会場近くに借りた家に、残りの期間は滞在するのか問われると「もうロンドンでは試合がないから、明日にその家は明け渡すつもりさ。」と、すぐに帰国することを明かした。

>>ウィンブルドン対戦表<<

ウィンブルドンタオル




■関連ニュース■ 

・BIG4崩壊の危機、窮地ナダル
・金星ブラウン「失う物はない」
・フェデラーが股抜きショット


■最新ニュース■ 

・波乱ナダル2回戦敗退
・錦織「悲しい」乗り越えUSへ
・ソック 左手中指に包帯
(2015年7月3日9時17分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!