- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

キリオス 3度の警告で失格寸前

テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は25日、男子シングルス1回戦が行われ、7月に行われたウィンブルドンでR・ナダル(スペイン)を下してベスト8入りを果たし、一躍世界にその名を知らしめたN・キリオス(オーストラリア)が第21シードのM・ユーズニー(ロシア)を7-5, 7-6 (4), 2-6, 7-6 (1)で下す金星を飾って2回戦進出を決めた。

今季躍進を続ける19歳のキリオスだが、この日は自身のプレーに納得がいかず、イライラを爆発させ3度の警告を受けるなど、あと1回の警告で失格になってしまう寸前まで行っていた。

「ヒートアップしていた時だったんだ。自分のプレーにフラストレーションが溜まっていてイライラしてしまったんだ。」と世界ランク60位のキリオスは試合を振り返っていた。

第2セットではイライラから、ボールを観客席へ叩き込んでしまい、最初の警告を受けた。第3、第4セットでは主審の耳に届くほどの声で暴言を吐いてしまい1度ずつの警告を受ける事となっていた。

「自分はこれまでもとても感情的になりやすい選手だった。これからはもっと自分自身をコントロール出来るようになりたい。そうなるように努めてもいるんだ。コートに立つたびに、改善されるように努力している。それでもそんな自分は常にどこかに潜んでいるのも事実なんだ。」とキリオスは自身について語っていた。

「このような大きな大会では、自分自身に過度な期待を持ってしまう。でもまだ若いんだと言う事も理解しなければならない。まだまだ時間がかかるし、長い道のりなんだ。」と、冷静さを取り戻して会見に応じていた。

3回戦進出をかけてキリオスはS・スタコフスキ(ウクライナ)を6-3, 6-1, 6-4のストレートで下したA・セッピ(イタリア)と2回戦で対戦する。


《全米オープン2014特集ページはこちら》



■関連記事■ 

・ダニエル 太郎「差を感じなかった」
・錦織の初戦は第1試合
・マレー 1回戦は3時間超え
・18歳西岡 良仁の活躍に注目


■関連動画■ 

・決して諦めないモナコが見せた気迫溢れるプレー!
・連覇を懸けて戦うロブレドが絶好調クエバスと激突!
(2014年8月26日18時52分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!