フランス、デ杯初戦で逆転勝利

ゲッティイメージズ
(左から)マウーとエルベール
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスの国別対抗戦デビスカップ by Rakuten ファイナルズ2021(スペイン/オーストリア/イタリア共同開催)は25日、グループDの試合が行われ、フランスがチェコを2-1の逆転で破って白星を上げた。

>>デビスカップの組み合わせ<<

>>【YouTube】新作ラケット3機種を茶圓プロが打ち比べインプレ、黒塗りデモ版ラケットの正体が明らかに!開発までの苦悩とは<<

第1試合、世界ランク86位のR・ガスケ(フランス)が同143位のT・マハーチ(チェコ)に6-7, 2-6のストレートで敗れ、初戦を落としたフランス。しかし、第2試合で同71位のA・マナリノ(フランス)が同82位のJ・ヴェセリ(チェコ)を6-7, 6-4, 6-2の逆転で下して1-1に追いつく。

第3試合ではPH・エルベール(フランス)/ N・マウー(フランス)組がJ・レヘチカ(チェコ)/ マハーチ組を3-6, 6-4, 6-3の逆転で下し、フランスが初戦を勝利で飾った。

男子プロテニス協会のATPは公式サイトにマナリノ、エルベール、マウーのコメントを掲載。

第2試合を戦ったマナリノは「戦い続けるためにベストを尽くした。肝心なところでのサーブがとても良かったので助かった。彼(ヴェセリ)のサーブの速さには徐々に慣れることができた。とても速くて最初は苦労した。終盤の彼のセカンドサーブには、かなりのプレッシャーをかけたよ」と語った。

第3戦を戦ったマウーは「チェコがとてもいいプレーをしていた。僕たちはトリノから遅れて到着したので難しかった。でも、第2セットと第3セットではいいプレーができた」と明かし、ペアを組んだエルベールは「この環境には慣れた。スタッフ全員でエネルギーを高める必要があり、本当にポジティブになろうとした結果、なんとか試合をひっくり返すことができた」と述べた。

WOWOWテニスフェスティバル2021
12/12(日)午後4:00
日本の誇る国枝 慎吾・上地 結衣らがトークやエキシビションマッチなどを行なうスペシャルイベントを生中継!

WOWOWで無料放送&WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・大坂、行方不明シュアイに言及
・ジョコ、観戦イブラに感謝
・大坂 なおみ 日本人初の受賞

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2021年11月26日12時10分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)