ジョコビッチ LLに完敗の波乱

ゲッティイメージズ
ベスト4進出を逃したジョコビッチ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのエルステ・バンク・オープン(オーストリア/ウィーン、室内ハード、ATP500)は30日、シングルス準々決勝が行われ、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)はラッキールーザーで本戦入りした世界ランク42位のL・ソネゴ(イタリア)に2-6, 1-6のストレートで敗れ、ベスト4進出とはならなかった。

ジョコビッチはこの試合、昨年6月のターキッシュ・エアラインズ・オープン・アンタルヤ(トルコ/アンタルヤ、芝、ATP250)でキャリア初タイトルを獲得した25歳のソネゴに5度のブレークを許し完敗。1時間8分でキャリア初のラッキールーザーからの黒星となった。

男子プロテニス協会のATPは公式サイトでジョコビッチのコメントを掲載しており「この試合ではソネゴがただ僕を圧倒したんだ。試合のすべての面において彼が上回っていた」と振り返った。

「僕にとってはとても悪い試合だった。でも彼にとっては素晴らしいこと。この結果は彼にふさわしいよ」

勝利したソネゴは準決勝で世界ランク33位のD・エヴァンス(イギリス)と対戦する。エヴァンスは準々決勝で同20位のG・ディミトロフ(ブルガリア)をフルセットで下しての勝ち上がり。

同日の準々決勝では第5シードのA・ルブレフ(ロシア)、世界ランク111位のK・アンダーソン(南アフリカ)が4強入りした。

[PR]「男子テニスATPツアー500 ウィーン」
10月26日(月)~11月1日(日)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!

「男子テニスATPツアー マスターズ1000 パリ」
11月2日(月)~11月8日(日)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!


■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・ジョコ 線審に直撃でヒヤリ
・ジョコ陽性「申し訳ない」
・大坂 なおみ 失格ジョコに言及

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング

(2020年10月31日10時37分)
その他のニュース