- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【コラム】王者の椅子を譲る時、そして運命を分けた1ポイント◇第5弾 2012激闘シリーズ その6

本日も2012年のテニス界「激闘シリーズ」をお届けします。今回はウィンブルドン準決勝のR・フェデラー(スイス)N・ジョコビッチ(セルビア)の試合です。

2011年の全豪オープンで優勝を果たし、そこから圧倒的な強さを発揮してきたジョコビッチ。その年のマスターズ1000大会で数々の優勝を果たし、グランドスラムではウィンブルドン、全米オープン、さらに今年の全豪オープンでは大会2連覇を達成した。またジョコビッチは、2011年のウィンブルドン後に世界ランキング1位の座も手にした。

対するフェデラーは2010年の全豪オープン以降グランドスラムタイトルを獲得しておらず、2010年6月には世界ランキング1位から転落し、以降トップ4に位置した。

《「フェデラーが16度目のグランドスラム制覇◇全豪オープン」過去記事はこちら》

両者のウィンブルドン準決勝はビッグマッチとなった。もし、フェデラーがジョコビッチを破り同大会で優勝すると世界ランキング1位となる1戦。ジョコビッチとしては、王者の椅子に座り続けるには元王者フェデラーに絶対勝たなければいけなかった。

【第1セット】
この日は雨が降っていたため、センターコートは屋根が閉じられた状態で試合が開始した。

フェデラーは1ポイント目から「様子を見る」などはせず、全力でポイントを奪いにいく。それはフェデラーの目つきと集中しているオーラから、誰もがそう思った。この試合は、フォア・バック、そしてサービスとボレーなど全てのショットにおいて高い精度で王者ジョコビッチを攻め立てた。

タイトル防衛と王者としてのプレッシャーからか、ジョコビッチはいつものようにウィナーを決めきれなく、フェデラーに押される。

そして、芝を知り尽くし、この地で過去6度の優勝を誇るフェデラーが第6ゲームでブレークに成功、ゲームカウント4−2とリードする。以降、この1ブレークを守り切ったフェデラーが第1セットを先取する。

【第2セット】
第1セットを奪われても決して慌てなかったジョコビッチは、ポイント獲得時には毎回ガッツポーズをみせ自分自身を盛り立て、第2ゲームでフェデラーを左右に揺さぶりブレークに成功、ゲームカウント2−0とリードする。

そして、最後ワイドへサービスエースを決めたジョコビッチがこのセットを奪い、セットカウントは1−1となる。

【第3セット】
第2セットを落としても動揺する様子を全く見せず、逆に集中力がさらに増したように見えたフェデラーは、さらにプレーの質を上げていき、ジョコビッチに強打を打たせないためにバックハンドのスライスを織り交ぜるなどで、サービスキープを続ける。

迎えたジョコビッチのサービスゲームである第10ゲーム、このゲームが勝敗を分けたゲームであった。

王者ジョコビッチの動きを止めるショットを決めるなどで、15−30とリードを奪うフェデラー。そして、次のポイントでフェデラーがなんとか返球したボールに対し、ジョコビッチは絶対決めなければいけいないスマッシュをミス。これで15−40とブレークポイントを握ったフェデラーは20本続いたラリー戦で、最後強烈なスマッシュで決めてこのセットを奪い、セットカウント2−1とする。

ジョコビッチとしてはあのスマッシュのミスがセットを奪われたことに影響したのは間違いない。

第3セットを取ったフェデラーは、いつも以上のガッツポーズをみせ、そして2度も吠えた。

【第4セット】
完全に試合の流れを自分に傾けたフェデラーは、第2ゲームでジョコビッチの怯んだ隙をついてすぐさまブレーク、以降は互いにサービスキープを続け、2時間19分の試合に終止符を打った。

史上最多8度目の決勝進出を決めたフェデラーは「ノヴァークのように、昨年結果を残している選手に勝つのは、いつでも気持ち良いこと。ここで勝つことにはたくさんの意味がある。メジャーの最多勝記録や、ナンバー1とかね。」

《「フェデラーが王者ジョコビッチ破る◇ウィンブルドン」過去記事はこちら》

その後フェデラーは決勝で、フレッド・ペリー以来となる76年ぶりの地元勢優勝がかかっていたA・マレー(英国)に勝利し、史上最多に並ぶ7度目のウィンブルドン優勝を果たすと同時に、世界ランク1位に返り咲くことも確定、P・サンプラス(アメリカ)が持つウィンブルドン最多勝利と世界ランク1位保持286週の2つの記録に並んだ。

《「フェデラーが史上最多に並ぶ7度目V 王座返り咲き◇ウィンブルドン」過去記事はこちら》

【次回は12月17日(月)、今年の全米オープン激闘シリーズをお届けします】

○過去のコラムはコチラ○

【激闘シリーズ】
《「王者ジョコビッチの意地◇第5弾 2012激闘シリーズ その1」はこちら》

《「錦織、2セットダウンからの生還◇第5弾 2012激闘シリーズ その2」はこちら》

《「4度の絶体絶命を振り切った王者◇第5弾 2012激闘シリーズ その3」はこちら》

《「5度目の正直は「あと1歩」が遠かった◇第5弾 2012激闘シリーズ その4」はこちら》

《「「40時間くらい」と思わせるフルセットマッチ◇第5弾 2012激闘シリーズ その5」はこちら》

【新星選手シリーズ】
《「フェデラーを脅かし、クレイステルスを破った若手達◇第4弾 2012新星選手シリーズ その1」はこちら》

《「ナダルを打ちのめした恐ろしい男◇第4弾 2012新星選手シリーズ その2」はこちら》

《「これぞ「快進撃」と言わしめた男◇第4弾 2012新星選手シリーズ その3」はこちら》

【フェデラーシリーズ】
《「フェデラー、王者奪還なるか◇第3弾 2012フェデラーシリーズ その1」はこちら》

《「フェデラーに神が降りる◇第3弾 2012フェデラーシリーズ その2」はこちら》

《「フェデラー「グランドスラムで優勝したくらいの感情」◇第3弾 2012フェデラーシリーズ その3」はこちら》

《「フェデラー、勢い止められずタイトル逃す◇第3弾 2012フェデラーシリーズ その4」はこちら》

【引退選手シリーズ】
《「貴公子フェレーロ、やっと手にしたビッグタイトル◇第2弾 2012引退シリーズ その1」はこちら》

《「完璧主義者のフェレーロ、最後は涙のフィナーレ◇第2弾 2012引退シリーズ その2」はこちら》

《「ロディック、ギルバートと手を組み栄冠◇第1弾 2012引退シリーズ その1」はこちら》

《「ロディックに「フェデラー」という壁が立ちはだかる◇第1弾 2012引退シリーズ その2」はこちら》

《「フェデラー最大の被害者となったロディック「自分がどう感じるかが重要」◇第1弾 2012引退シリーズ その3」はこちら》

(2012年12月15日17時14分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

1月18日

YouTube 内山70時間以上も缶詰め状態 (21時46分)

ナダル 歴代初の800週を更新 (16時30分)

錦織41位、西岡56位キープ (15時41分)

フェデラーの会社と契約解消へ (14時38分)

大坂3位 サバレンカ自己最高位へ (13時46分)

錦織41位 18日付世界ランク (12時00分)

ジョコ 全豪OP強さの秘訣とは (11時00分)

全豪OP 完全隔離選手が72名に (10時06分)

ダニエル太郎 搭乗者陽性で隔離 (8時12分)

1月17日

ナダルとの練習は「厳しい」 (15時57分)

便の同乗者が感染者に「不運」 (15時56分)

世界7位コーチが豪で感染確認 (14時09分)

ビッグ3 対トップ10勝率で独占 (13時04分)

ダニエル太郎 豪に到着を報告 (11時43分)

西岡良仁 豪の検査陰性を報告 (10時51分)

全豪OPの対応に不満明かす (9時55分)

全豪OP またも陽性者が発覚 (9時41分)

1月16日

全豪OP 選手搭乗機に陽性者 (16時55分)

若手9選手 今季躍進するのは誰? (16時08分)

獲得賞金の10%寄付を発表 (14時22分)

大坂に「一貫性が必要」と指摘 (13時00分)

バーティに伝えた4つのルール (11時49分)

コロナで祖母と叔母亡くし悲痛 (8時29分)

1月15日

大坂 隔離中の写真を公開 (22時09分)

全豪OPのコロナ対策に感銘 (21時30分)

錦織らツアーでの親友明かす (17時35分)

コロナ陽性も渡豪を認める (17時28分)

ヨネックスとJSTAが契約 (15時10分)

膝の故障で全豪OPなど欠場へ (15時08分)

豪に到着「自信を深めたい」 (13時53分)

「勉強と努力が必要」とコルダ (11時49分)

陽性のマレーに全豪「残念」 (10時29分)

渡豪直前にコロナ陽性「失望」 (9時01分)

大坂 24時間密着企画に出演 (7時35分)

大坂なおみ ジョコら豪に到着 (0時52分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!