- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【コラム】ロディックに「フェデラー」という壁が立ちはだかる◇第1弾 2012引退シリーズ その2

今年、男子テニスで現役引退したA・ロディック(アメリカ)。本日はコラム第1弾その2をお届けします。

2003年に全米オープンでグランドスラム初優勝を果たしたロディックは、2004年に入っても好調を維持した。

全豪オープンでは絶好調M・サフィン(ロシア)に6-2, 3-6, 5-7, 7-6 (7-0), 4-6のフルセットで敗れベスト8に終わるも、芝コートシーズンになるとウィンブルドンの前哨戦であるAEGON選手権で優勝し、ウィンブルドンに弾みをつけた。

迎えたテニスの聖地であるウィンブルドンで、ロディックは破壊力のあるサービスとフォアハンドを武器に決勝まで順当に勝ち進む。決勝では2003年も準決勝で対戦したディフェンディングチャンピオンのR・フェデラー(スイス)だった。

この試合の第1セット、ロディックはミスを恐れずに強打でフェデラーをねじ伏せ、グランドスラム2勝目に向けて好スタートを切る。しかし、フェデラーの鋭角なショットやスライスなどを混ぜたテニスに翻弄され、結果6-4, 5-7, 6-7 (3-7), 4-6の2時間31分でロディックは敗れてしまう。

この年にロディックは、グランドスラム初優勝を導いてくれたコーチのブラッド・ギルバートを解任してしまう。

翌年2005年のウィンブルドンでもロディックは決勝まで勝ち上がるも、そこで待っていたのはまたしてもフェデラーだった。その時はストレートで敗れ、フェデラーに2年連続で同大会に敗れることとなった。

同年の全米オープンではロディックの誕生日に1回戦が行われ、G・ミュラー(ルクセンブルグ)に6-7 (4-7), 6-7 (8-10), 6-7 (1-7)のストレートで敗れる波乱に見舞われてしまう。まさに「悪夢のバースデー」となった。

ここからロディックは調子を少しずつ落とし始め、2006年には得意とする芝のサーフェスであり2年連続決勝進出を果たしていたウィンブルドンで、A・マレー(英国)に3回戦で敗れてしまい、世界ランキングもトップ10圏外となる。

これに危機感を感じたロディックはコーチにJ・コナーズ(アメリカ)を迎え、新たなテニスで再出発する。

新体制で臨んだ全米オープンでは苦しい試合を勝ち抜き、2003年初優勝以来となる決勝の舞台へ勝ち上がる。だが、決勝で待っていたのは、当時世界ランク1位のフェデラーだった。ウィンブルドン決勝で2年連続フェデラーに敗れていたロディックは必死に食らい付き1セット奪うが、王者の華麗なテニスには通用せず、3年連続でグランドスラム準優勝となる。

この準優勝で自信を取り戻したロディックだったが、2007年と2008年は世界ランクをトップ10内に維持するも、グランドスラムで大きな結果を残せない時期が続く。

だが2009年、新たにF・ゴンサレス(チリ)などを指導していたラリー・ステファンキをコーチに迎え、新しいロディックのテニスが生み出されていく。

【続きは明日11月30日(金)】

《「ロディック、ギルバートと手を組み栄冠◇第1弾 2012引退シリーズ その1」はこちら》

(2012年11月29日23時19分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!