錦織/マクラクラン組、4強ならず

ゲッティイメージズ
(奥から)錦織とマクラクラン
画像提供:ゲッティイメージズ

東京オリンピック(日本/東京、有明テニスの森、ハード)は28日、テニスの男子ダブルス準々決勝が行われ、錦織圭/ マクラクラン勉組は第1シードのN・メクティッチ(クロアチア)/ M・パビッチ(クロアチア)組に3-6,3-6のストレートで敗れ、ベスト4進出とはならなかった。

>>錦織ら東京オリンピック対戦表<<

>>錦織vsジョコビッチ 1ポイント速報<<

この日、錦織/ マクラクラン組は錦織のサービスである第4ゲームでブレークを許し第1セットを落とした。第2セットは第7ゲームで再び錦織のサービスを破られると、その後も挽回することができずに敗れた。

今季のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)の優勝ペアでもあるメクティッチ/ パビッチ組は準決勝で、A・クライチェク(アメリカ)/ T・サングレン(アメリカ)組とJ・シュトルフ(ドイツ)/ A・ズベレフ(ドイツ)組のどちらかと対戦する。

また、シングルスで8強入りを果たしている錦織は、準々決勝で第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と顔を合わせることが決まっている。

一方のマクラクランは柴原瑛菜との混合ダブルスが控えており、28日のコート1第5試合でY・シュウェドワ(カザフスタン)/ A・ゴルベフ(カザフスタン)組と激突する。




■関連ニュース

・大坂へ全仏OP「回復祈る」
・錦織との不平等にジョコ不満
・錦織「またコイツに負けた」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2021年7月28日19時17分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)