青山/柴原 五輪は初戦敗退

ゲッティイメージズ
有明テニスの森
画像提供:ゲッティイメージズ

東京オリンピック(日本/東京、有明テニスの森、ハード)は25日、テニスの女子ダブルス1回戦が行われ、第2シードの青山修子/ 柴原瑛菜組はB・ベンチッチ(スイス)/ V・ゴルビッチ(スイス)組に4-6, 7-6 (7-5), [5-10]で敗れ、初戦敗退となった。

>>錦織、大坂ら東京オリンピック対戦表<<

今季のみで4勝、ツアー7勝をあげて同月のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)ではペアで初の四大大会4強入りを果たした青山/ 柴原組は、今大会のメダル獲得が期待されていた。この試合では第1セットを落としたが、第2セットのタイブレークを制してセットカウント1-1とした。

しかしファイナルセットのスーパータイブレークを取り切れずに2時間23分におよんだ激闘の末に力尽きた。

勝利したベンチッチ/ ゴルビッチ組は2回戦でG・ムグルサ(スペイン)/ C・スアレス・ナバロ(スペイン)組と対戦する。ムグルサ/ スアレス・ナバロ組は1回戦でE・メルテンス(ベルギー)/ A・ヴァン=ウィットバンク(ベルギー)組を6-3, 7-6 (7-4)のストレートで下しての勝ち上がり。

また、同日に行われた男子ダブルス1回戦で、ダニエル太郎/ 西岡良仁組はM・チリッチ(クロアチア)/ I・ドディグ(クロアチア)組に2-6, 4-6のストレートで敗れ、初戦敗退。西岡はシングルスでも第12シードのK・ハチャノフ(ロシア)に6-3,1-6,2-6の逆転で敗れ、2回戦進出とはならなかった。




■関連ニュース

・18歳アルカラス逆転で16強
・錦織との不平等にジョコ不満
・錦織「またコイツに負けた」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2021年7月25日20時03分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)