- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

マレー 試合終盤で会場沸かす

テニスの国別対抗戦デビスカップ ワールドグループ準々決勝 イギリス対フランスは17日、シングルス2試合が行われ、イギリスはJ・ワード(英国)が敗れるも、その後登場したエースA・マレー(英国)が勝利したことにより、初日は1勝1敗で翌日に行われるダブルスに繋いだ。

イギリスはワールドグループ1回戦でアメリカを下し、昨年準優勝のフランスはドイツに勝利しての勝ち上がり。

第1試合に登場した世界ランク89位のJ・ワードは、同11位のG・シモン(フランス)と対戦し、ファーストサービスが入った時に79パーセントの確率でポイントを獲得。しかし、シモンに左右へ走らされる苦しい展開で主導権を握られた。

試合を通して55本もの凡ミスを犯したワードは、シモンに5度ブレークされて4-6, 4-6, 1-6のストレートで先にフランスに1勝を許した。

続く第2試合に登場したのは世界ランク3位のマレー。コートに登場した瞬間、イギリスで行われている会場から大きな声援が送られた。

マレーはJW・ツォンガ(フランス)と対戦し、ファーストサービスが入った時に82パーセントと高い確率でポイントを獲得。ウィナーではツォンガが33本に対してマレーは25本だったが、50本もの凡ミスを犯したツォンガに比べ、マレーは22本と半分以下だった。

第1セットの終盤でブレークして先行したマレーは、第2セットでツォンガに先にブレークされてしまう。しかし、得意のリターンですぐにブレークバックに成功し、ツォンガのセットポイントをしのいでタイブレークで連取する。

第3セットの最終ゲームでは、ツォンガのスマッシュをマレーが拾い、ネット前のツォンガの横を抜くスーパーショットを披露し、会場を沸かせた。そして最後はサービスでツォンガを圧倒し、7-5, 7-6 (12-10), 6-2のストレートでイギリスに1勝をもたらし、初日は1勝1敗で翌日に行われるダブルスに繋いだ。

イギリス対フランス戦の組み合わせは以下の通り。

【大会1日目】
・シングルス第1試合:J・ワード ×-○ G・シモン
・シングルス第2試合:A・マレー ○-× JW・ツォンガ

【大会2日目】
・ダブルス第1試合:D・イングロット/ J・マレー(英国) vs R・ガスケ(フランス)/ N・マウー(フランス)

【大会3日目】
・シングルス第1試合:A・マレー vs G・シモン
・シングルス第2試合:J・ワード vs JW・ツォンガ




■関連ニュース■ 

・脱帽マレー ロジャーの胸叩く
・マレー、フェデラーを称賛
・キリオスら敗退 豪は崖っぷち


■最新ニュース■ 

・涙の棄権 ソックは4強入り
・トミック逮捕を知って出場
・大暴れ ラケット破壊キリオス
(2015年7月18日13時27分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!