- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

マレー、フェデラーを称賛

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は10日、男子シングルス準決勝が行われ、第3シードのA・マレー(英国)が第2シードのR・フェデラー(スイス)に5-7, 5-7, 4-6のストレートで敗れ、2年ぶり2度目の決勝進出とはならなかった。

『選手使用のオフィシャルタオル』

2013年に初優勝を飾っていたマレーはこの日も安定したプレーを披露していた。「悪い試合をしたわけではない。良いテニスもしていた。」とマレーは自身のプレーについて語っていた。

試合直前のコイン・トスではマレーに選択権が与えられたが、マレーはサービスではなくリターンを選んだ。これまでここウィンブルドンで7度の優勝を誇るフェデラーにリターンからプレッシャーをかけようとしていた。

その作戦は成功するかと思われた。第1ゲームでフェデラーから1度ブレークポイントを握ったが、それを取りきれなかったマレーは、その後はフェデラーの完璧と言えるようなサービスゲームを展開されてしまった。

「第1ゲームを除けば、彼(フェデラー)は素晴らしいサービスゲームを展開していた。ほとんどチャンスを握らせてくれなかった。そしてそれが徐々にプレッシャーになって行き、セットが進むにつれて大きくなって行った。」とマレー自身もほとんどのサービスゲームで好プレーを見せていたが、プレッシャーを感じていた事を明かしていた。

「多くの選手がサービスを先に選択する。また多くの選手がレシーブを先に選択する。それはそれぞれの選手の好みによるもの。今日は素晴らしいサービスを放っていた選手に有利に進んでいた。彼のサービスが良かったのであって、彼が最初にサービスを打ったからではない。」とマレー自身もフェデラーのサービスの好調ぶりを認めていた。

(STATS - AP)

>>ウィンブルドン対戦表<<

ウィンブルドンタオル




■関連ニュース■ 

・脱帽マレー ロジャーの胸叩く
・フェデラー「大変だった」制す
・ジョコvsフェデラー 優勝は?


■最新ニュース■ 

・錦織 復活アピール「練習再開」
・「夢のようだ」ジョコ連覇王手
・フェデラー決勝へ
(2015年7月11日11時31分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!